女性が体を許すタイミングはいつがベストか?

許してもいい男と許してはいけない男の見極め方

「いいだろう、今夜?」

愛する彼に、初めてそっと耳もとで甘くささやかれたとき、あなたどうしますか?

許すべきか、許さざるべきか?

あなたの心はゆれて、大議論をおっぱじめるでしょう。

スポンサードリンク

結局結論を言えば、問題は許したからどう、許さなかったからどう、ということになどあまり左右されない男の理性と、女の理性の違いにあるような気がします。

女にとって大決心である二人の体の壁は、男にとっては、ごく薄いカーテンのようなものです。

彼はごく無造作にそれを片手で開け、またすぐスーッと閉めちゃうこともできるのです。

 

一度崩れた壁はめったなことで補修することはできません。

だからそれを崩すことは、女性のあなたにとっては一大事。

ところが、カーテン男性の方は少しも大事件だとは思っていない。

 

もちろん許さないより、許した方が、男性側も嬉しいにきまってはいます。

しかし、あなたが東京タワーの頂上から、思いきって飛びおりたような誠意を彼にしめしたと思っても、それはただの自己満足と自分自身へのいい訳だけに過ぎません。

男性にはあまり通じていないのです。

スポンサードリンク

早くいえば、許しても許きなくても、どちらでも男の気持ちは同じこと。

ただし許したことによって、あなたの良さとか、二人の体の相性もふくめた相性が確認されれば、男性は前よりもずっとあなたに夢中になるでしょう。

大人の恋愛になるにつれて、体の相性が大事だということは分かってきます。

 

反対に、すべてを見せたことで、ああつまんなかったなとか、ちょっと嫌なところがあるななどと飽きられたときは、無残な結果がたちまち出てしまいます。

それは別に、すぐ許したことによるあなたへの不信感でも何でもありません。

それを理由に許したあと、逃げるという卑怯な男もいますが、それはあとからくっつけた理由にすぎないのす。

 

要は自分にとってあなたの値打ちを早めに見極めたに過ぎない。

はっきりいえば、男性は、あなたが優しさだけで自分体を許してくれたなどと、思えない生物なのです。

「おまえもしたかったんだろう」、それが男の正直な気持ち。

 

しかも驚くことに、あなたが初めてであったとしてもです。

「男性って酷いなぁ…」なんて思ってしまったかもしれません。

もちろん、これは全ての男性に当てはまるというのは、絶対に無いということは伝えておきます。

 

この理由は、男はその瞬間、ささげてもらった喜びより、単なる征服欲に酔っているのかも知れません。

俺に好意があるから、お互い許しあったと思っている人が多いのです。

また、そうやって、自分はいい男と自分に思わせたいのです。

 

第一『許す、許さない』という言い方すらが、女性側からみただけの一方的な表現方法なのかもしれません。

男側に言わせれば、『した、しない』という言い方しかないのかも。

すいません。

あなたの愛をこわしちゃったかもしれません。

 

ですが、これは極論といえば極論ですが、大なり小なり、男と女の溝になっている事実です。

いずれにしても、一つの勝けを張るわけで、負けてもジタバタしない覚悟が絶対必要です。

それが嫌なのであれば、じっくりと付き合った後で、信じれる彼に体を許すのがいいでしょう。

 

あなたに自信があれば、青いりんごを食べるのも大いに結構。

しかし、あなたに知恵があれば、ウエディングドレスを着たあと、結婚の二文字で赤く熟れたりんごを美味しく食べるのも、悪くありませんよね。

 

関連記事

→本当に優しい男性の特徴と恋愛心理

→モテる女になる方法はオーラや言葉が大事

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP