自分が浮気相手だった場合の上手な別れ方

「実らない恋」 の上手な終わらせ方

不倫や浮気相手との打ち切り方。

きちんとけじめをつけるのが、相手の男性に対して失礼でないやり方だ。

結婚という形での決着のつけ方を除けば、不倫の最後はかなり意識的な別れとなるのが普通。

ごく一般的な恋愛の場合には、いい悪いは別にして、様々な別れ方がある。

ところが、不倫や浮気の場合には、女性のほうから切り出すパターンが多いようだ。

男の側からすると、なるべく相手の女性との関係を維持したいけど、相手が別れを切り出してきたら、しょうがないと思ってあきらめる、と考えるのが普通だ。

 

彼自身がよっぽどのわからず屋でない限り、この提案を受け入れるだろう。

この場合のルールは、相手の男性へのほめ言葉だ。

彼と恋愛をしたことに対するお礼の言葉とでもいうのだろうか。

 

その反対に男性も女性にお礼の言葉をいう。

お礼という表現は少しおかしいかもしれないけど、ほかに適当な言葉が見当たらない。

私がいってるのは、たしかにひとつの理想かもしれない。

きれいごとともいえるだろう。

しかし、せっかくの不倫や浮気相手だからこそ、しめくくりはスマートにしたいといけない。

彼は分別のある男性だし、あなただって同じ年齢の女性に比べたらはるかに大人のはずだ。

この二人がカップルになったのだから、かっこいい終わり方でなければおかしい。

最後まで演技を徹底的にするのが、不倫や浮気カップルの義務だ。

 

いつまでもあなたが未練がましいのは、感心しない。

あなたのほうから別れると相手に宣言したのに、数日後にはまた彼に電話をしている。

こういうのは、 一番よくないケースです。

この反対も全く同じです。

 

上記の2つのことならまだましですが…

もっといけないのは、彼の携帯電話などをするケースです。

これは、絶対にやってはいけないこと。

相手に対して失礼になる。

 

そんなに未練があるのなら、どうして別れるなんでいい出したのだろうか?

これを女心の微妙なところだなどといって、納得してはいけない。

女心ではなく、単なるわがままなのだ。

自分勝手な、子供っぽい考え方ということになるのです。

 

もちろん男性の場合も同様です。

はっきりと別れることをお互いに確認しあったのに、彼女の連絡先に電話をしてしまう男性。

こういう人は、不倫や浮気をする資格はない。

すべてに関して感情のままに行動するのは、大人ではないのです。

それは、子供のやり方。

 

感情のたれ流し(汚い言葉だが)は、恋愛ルールに反する。

人間は感情の動物などといわれるけど、それも程度問題だ。

感情をコントロールできてこそ、一人前の大人というものだ。

 

それからまた、無理に不倫や浮気に決着をつける必要もない。

あなたが結婚するのに、たいした価値を認めないなら、ずーっと不倫や浮気のまま年をとることもできる。

結婚がすべてだと思うような人には嘘みたいな話だけど、こうした生き方だって考えられる。

 

それについて私のような第三者が、そんな人の人生は厳しいなどと批評するのはくだらないこと。

本人がそれをいいと思ってやっているのであれば、それでいいのだから。

人の生き方に、見本というのはない。

誰かの生き方をお手本にするのは全然かまわないけど、その人の人生とあなたのそれとは、決して同じにはなりえない。

 

似ていることはあっても、けっして同じではない。

不倫や浮気に対する態度も、ひとりひとり違う。

女性のほうから別れを切り出すケースが多いといっても、心の中は人それぞれ微妙に違う。

別れる時に相手に対してどんな感情を抱こうとも、ルールを心得ておくのだけは忘れずに。

 

関連記事

→浮気された元彼との復縁方法

→浮気する男の気持ちと心理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP