できちゃった結婚で後悔する人が多い理由

成り行きで結婚すると、必ず後悔することになる

結婚すべきでなかったのに結婚したカップルというのは、数多くいることは事実です。。

これは、私がある人から聞いたエピソードです。

ある男性は、結婚式当日も、式の直前まで別の女性と一緒にいて、彼女に「いやだ」とだだをこねていた。

これは、現実の話。

スポンサードリンク

どうして、彼が結婚をOKしたのか、私には不思議でならない。

彼の優柔不断のせいといってしまえばそれまでだけど、こうした結婚がいい結果を生むわけがない。

案の定、二人はすぐに離婚して、彼は式当日も一緒にいた女性とつきあっている。

 

当然、この反対のケースも考えられる。

本当はその相手と結婚したくないのに、まわりのことなどを考えたりして、結婚した女性。

もしそういう人がいたとしたら、彼女の結婚生活は悲惨なものとなる。

本当は結婚したくなかった、と思いながら生活する毎日。

 

この真実を知ってしまうと、旦那だってたまったものではない。

こういうのは、相手に対して失礼としかいえない。

自分の考えをはっきり表明できない女性(あるいは男性)。

これは、困ったものです。

この手のタイプの人は、人生で後悔することが圧倒的に多いというデータもあるほどです。

スポンサードリンク

自分に対しても自分以外の人に対しても、 責任をとれない人。

こういう人が結婚したら、多くの場合は大変な結果になる。

曖昧な気持ちでの結婚は、絶対にやめよう。

必ず後悔することになるし、幸せな夫婦生活は期待できないからです。

 

私が前にあげた二つの実例の、成り行きで結婚したカップルは、相手が好きだったから問題はなかった。

しかし、すぐに離婚したカップルの場合は、男性がその女性を本当に好きではなかった。

恋愛ならたいして好きでなくても、一応そのふりはできる。

実際に、好きなふりをして付き合っている人も多くいるだろう。

だけど結婚はそうはいかないのです。

 

生活だから、相手のすることにいちいち腹が立ったりします。

生活は以前ににも言いましたが、結婚生活とは、細かいことの連続の積み重ねです。

その一つ一つの細かい行動や言動に不満に感じたら、成り立たない。

これ以上に無い大恋愛の末の結婚ではない限り、相手のことを認めないままの結婚は、必ず失敗する。

 

結婚を決めようとする時は、それまでの恋愛期間とは別に、相手をよく観察しなければならない。

そして、相手をよく観察する期間が、同居期間というわけだ。

恋愛と結婚は全くの別です。

この言葉の本来の意味は、恋愛の相手と結婚の相手を別に考える、というものだと一般的には解釈されています。

しかし、そうではなくて、恋愛中と結婚を決める時とでは、相手に対する見方も違ってくる、とも解釈できるのです。

 

同じ男性(女性)であっても、こちらが見るポイントを変えること。

実際にはそんなふうに簡単できる事ではないので、ほとんどの人はそのまま結婚を決意してしまいます。

でも、結婚を決める時には、新しいチェックポイントに従って彼(彼女)を改めて見てみよう。

経済力。生活能力。女性(男性)関係。健康。家族に対する考え方。仕事への取り組み方、などについてのチェックが必要です。

 

恋愛時代とは違った面での問題が、結婚生活には出てくるので、そこをきびしくチェックしていきましょう。

人間には、生活不適格者というのもいるから、そうした破滅型の人との結婚生活は、まず無理だと考えていい。

このタイプは恋愛中にはとても面白いのだけど、結婚はすべきでなかった、と後悔するよりも、最初からそんな結婚相手はパスするぐらいの勇気がなければならない。

 

関連記事

→幸せな結婚と不幸な結婚の条件は価値観なのか?

→旦那の嘘つきが治らない理由は病気なのか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP