関西人の恋愛傾向と超簡単な攻略方法10選

「関西人との恋愛が難しい」と思われる原因ははっきりと分かっており、それは関西独特のノリやテンポが原因であります。

また、普段から使っている関西弁や冗談が通じないことも多く、そうした悩みの種が関西人との恋愛をより難しくさせてしまいます。

しかし、この1ページを読むことにより、そのような不安は大きく解消され、関西人の様々な傾向が見えてくるはずです。

スポンサードリンク

ノリが良ければモテやすい

ノリが良い方がモテやすいことは全国同じでありますが、関西人は特にこの特徴に当てはまり、ノリと面白さで自分をアピールする傾向が見られます。

関西独特のテンポの中でも、より優れた人である方が異性にモテやすく、口が上手であると表現するとより伝わりやすいでしょうか。

また、よく関西地域以外で勘違いしやすいことの1つとしては、ノリが良い=チャラいという認識である人も多いですが、ただチャラい人は関西でもあまり受け入れられません。

はっきりといえば、関西であってもチャラい風の雰囲気を醸し出している人は、やはりダサいとか痛いと思われやすいのです。

 

冗談交じりに本音を伝える

関西人の中でも大阪人は特に恥ずかしがりであると言われており、愛情表現をストレートに伝えるよりも、冗談交じりに照れ臭く伝えることが多いです。

他にも、関西人はカタカナを覚えるのが苦手であり、”○○なんちゃら”なんて表現の仕方をしますが、実はこれもカタカナのような横文字を全て読むのが恥ずかしく、こうした表現をしているのだとテレビを始め、専門家なども伝えています。

故に、関西人と恋愛するにあたっては、まず最初に冗談と本音の違いを見分ける能力をつける必要があり、これが意外と難しいと感じる人は少なくありません。

 

アホは愛情表現の1つ

関西人にとってのアホは愛情表現の1つであり、例えば「お前はほんまアホやなぁ〜」のアホには、「本当に可愛い子だね」という意味が込められていたりします。

逆にバカを使った場合は、相手を見下していたり、喧嘩をふっかけるような場面で使う言葉となるため、関西人がバカという言葉を使い始めた時には、機嫌が悪いかもしれないという可能性を疑うといいです。

また、本当に好きな人との恋愛でも関西人はアホという言葉を使うため、ボケたことに対して「アホか!」などのツッコミがあったとしても、それほど気にすることもありません。

スポンサードリンク

関西人=ケチは間違い

関西人=ケチとか、大阪人=ケチとよく報道されていますが、関西でもケチな人は嫌われますし、奢らされてばかりの人とは一緒にいたいと思いません。

関西人はケチというよりも、価値があるのかどうかを考える傾向にあり、デートであっても雰囲気だけで料理が普通のお店よりも、雰囲気も料理も美味しいお店の方が価値があると考えるため、雰囲気が良くて料理が美味しくて値段が安いお店であれば、まさにそれは関西人好みのお店となります。

また、脈ありとのデートに関してもケチるわけもなく、多少出費がかかっても、おしゃれで雰囲気が良いお店を選ぶのが関西人の恋愛でも普通のことなのです。

 

ノリとテンポでデートに誘う

ノリとテンポが命であると答える人も多い関西人は、その場のノリでデートに誘うことも多く、これは恥ずかしがり屋の関西気質が関係しています。

関西人が恥ずかしがり屋であることは、先ほどお伝え済みですが、照れ隠しにノリとテンポの勢いのままにデートに誘ってしまうのは、まさに関西人の恋愛傾向と言えるのです。(恥ずかしがり屋の恋愛面での特徴とも言えそうです。)

 

長蛇の列には並びたくない

関西人のデートでの特徴といえば、長蛇の列に並ぶのが苦手なことであり、これは関東と関西の違いに関する調査でも、関西人の方が長蛇の列に並ぶのを苦痛と感じたり、並びたくないと思っている傾向があると、過去の様々な調査結果でも伝えられています。

もちろん関西だって長蛇の列ができますし、並ぶ人がいるのも事実ですが、並ぶことが嫌いな人が多いということは、デートでも人気店などの長蛇の列には並びたがらず、待ち時間が少ない店に入ろうとする人が多いと言えるのです。

つまり関西人の恋愛傾向としては、よっぽどな理由がない限りは、長時間並ぶようなお店を選ばずに、待ち時間が短いお店を選びやすいということになります。

 

本命相手には冗談も減る

よく大阪の人はフレンドリーで、すぐに打ち明けることができるという情報を耳にしますが、関西人だって本当に魅力的に感じている人に対しては、なかなか積極的になることができません。

もちろん積極的な肉食系もいますが、本当に好きな人の前で慎重になることは関西も共通である一方で、本命相手と二人っきりの時には、意外と真面目で真剣な表情を見せたりもするのが、関西人の恋愛傾向と言えます。

例えば普段は冗談ばかりで周りを笑かせていても、二人っきりのデートではクールで男らしい一面が見れたり、実は紳士で優しかったりするのが、ギャップ効果でより魅力的に見えてしまうきっかけを作り出します。

関西人だからといって、本命と二人っきりでも面白かったり、ノリが良かったりするわけではないのです。

 

【攻略】ボケやツッコミがあると嬉しい

関西人を恋愛にて攻略するためには、やはりボケやツッコミを会話の中に入れることであり、「この子面白い子だな」と思われると、評価は上がりやすいです。

これは美人やイケメンであるほど効果が高く、手の届かないと勝手にイメージしてしまいがちな美人やイケメンが、ノリが良くて面白かった場合、ギャップ効果で親近感などを感じ、評価が大きく上がります。

もちろん美人やイケメン以外でも、第一印象と大きく違う一面が見られると、ギャップ効果で魅力的に見えるので、誰でも使うことができる、簡単な心理テクニックとなります。

注意点としては、関西人全員がボケやツッコミを求めているわけではないので、真面目で全く関西人っぽさがない人の場合は、このような対応はあまりおすすめできません。

 

【攻略】こんな冗談は関西でもNG!

冗談好きな関西人であっても、関西ディスりに繋がるような冗談は基本的にNGです。

例えば、大阪出身の人に対して、「大阪人だからケチなんでしょ?(笑)」とか、京都出身の人に関して、「京都人は性格悪いもんね!(笑)」などの冗談は、冗談好きの関西人であっても、とても傷つく言葉の1つです。

ただ条件があり、大阪出身の人に対して京都人のディスりを聞かせると、共感することも多いですし、逆に京都出身の人に逆の質問をしてみても、結果は同じであることが多いです。

つまり、出身地に関するディスりは絶対NGでありますが、ライバル心を持っている地域などに関しては、一緒に共感してあげることによって、関西人の心をよりぐっと引き寄せることができやすくなるのです。

注意点としては、あなたが口が悪いと思われないためにも、引き出すだけ引き出して、後は聞き役に徹して共感しておくといいです。

 

【攻略】オチがあれば話は盛り上げる

関西人の会話の特徴として、話のオチを求めることが有名ですが、会話の最後にしっかりとオチを用意しておけば、関西好みの会話術を手に入れることができます。

最も、関西人の中でも大阪人はオチに厳しいと言われていますので、どんどんとチャレンジしていくことによって、会話のスキルは上達していくことでしょう。

話が面白い人がモテるのは全国共通のことですし、関西人との恋愛をするこのチャンスに会話術を磨いていくと、将来的にも自分に大きなメリットをもたらしてくれるはずです。

 

関西だからといって、圧倒的違いはない

いかがだったでしょうか。

関西人だから積極的とか消極的であるということは関係なく、それは人によって大きく違ってきます。

基本的に関西人は、ノリとテンポが他の地域とは異なり、面白いさで勝負する人が圧倒的に多いです。

関西独特のノリやテンポについていけなかったり、そういった部分での勝負を避けるのであれば、心理テクニックを駆使して、恋愛をどんどん有利に進めていくといいでしょう。

その方法は、「類似性の法則が恋愛にとっても大事な4つの理由」にて、詳しくお伝えしていきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP