彼氏の浮気に許す許さないの大きな違いとは?

彼の浮気に気づいたときあなたはどうしますか?

彼氏の浮気のことで悩んでいます。

というか、彼の浮気に対する私の反応がまずかったことで悩んでいるのです。

彼とはつき合ってもう10ヶ月。

すっかり落ち着いた 関係となり安心していたのですが。

スポンサードリンク

その彼が、他の女性とデートしているところを見たと友人から知らされたのです。

ホテルからその女と腕を組んで出てくるのを見たと…

ショックでした。

でも、しばらく様子を見ようと思って黙っていました。

 

でも数日前、彼の上着のポケットに香水のついたハンカチがあるのに気がついたんです。

だれの?と聞いてみたら、自分で買ったと嘘ついた(?)んです。

頭にきて、私は彼を責めてしまったんです。

『私を絶対に裏切るようなことをしないと約束したじゃない。なぜ約束を破ったのよ!』

一晩中泣き明かした後に、何かしっくりしないものを感じました。

私のリアクションはこれでよかったのかなと。

 

まず、浮気のエピソードの一つもなく、恋愛関係がスムーズに進展するという例はめずらしいということを言っておきたい。

さらに、恋愛関係が、夫婦関係に変わっても浮気の問題で悩む人は少なくないのだ。

スポンサードリンク

彼の愛をとり戻せる人、とり戻せない人

 

特定な人と恋人関係(夫婦関係も)にありながら、なぜ人は浮気するのか。

もちろん、十人十色で、その理由や原因はさまざまである。

かなり個人的な要因がいくつも重なって発生するのだから、それを一般論で語ることはむずかしい。

ここでは、その原因を考えるよりも、主に浮気の問題が起きたときの対応上の問題について考えることにしよう。

というのは、浮気に対してまずい反応をしてしまう人が少なくないように思うからだ。

 

浮気の問題への対応の仕方のまずきによって問題をこじらせ、二人の関係を終らせてしまうという結果を招いているという人が少なくないのだ。

もちろん、浮気をするような男、信頼を裏切らないという約束を破るような男は、もうご免だとお払い箱にするというのも一つの道理、一つの選択である。

でも、もしあなたが二人の関係をつづけていきたいのなら、それなりの対応の仕方を考えた方がいいに決まっている。

では、彼の浮気に対する反応の仕方には、どのようなものがあるのだろうか。

思いつくままに列挙してみよう。

 

怒り出す。

彼の浮気によって自分が脅かされる。

「もしかしたら、浮気相手に心が移ってしまうのではないか」という不安が大きい場合の自己防衛の反応。

 

相手を責める。

相手にのみ非があるという意識が強く、浮気の行為を責め、ときには罰したり、報復行為に出る(体を求められでも拒むなど)。

 

悲しみ泣く。

白尊心が傷つく。

彼に対する愛着の度合いが強い人。

大事なモノを 取られたという被害意識を抱く。

 

自分を責める。

自分の責任があるという意識から、自分の非を責める。

自信を失くし、うつ状態になったりする。

 

冷静にふり返る。

彼が浮気に走った原因を明らかにし、理解しようと努める。

自分の側の問題、彼の問題、二人の関係上の問題などを分析する。

理性的判断力の強い人。

 

許す。

問題を避けるのではなく、問題やその要因を明らかにしながら、彼の浮気の行為を許す。

相手を包む愛。

包容力の強い人。

 

無視する。

問題と対面することに脅威を感じ、あたかも浮気が存在しないかのようにふるまう。

これも自己防衛の一つ。

問題として感じ、直視すると自分が崩壊してしまうのが怖いため。

 

先の女性の彼氏の浮気に対する反応は、彼の非を責めることだった。

約束を破ったこと、嘘をついたことが許せない、といって責めつづけたのだ。

自己防衛のためにきっとそうしたのだろう。

でも、そういう対応の仕方では問題は解決しないと、彼女は感じたのだろう。

むしろ、問題が大きくなることにも気づいたのだろう。

もしかしたら、責めつづげられることで彼は彼女から去ってしまうかもしれないという怖れもあるのかもしれない。

 

 

彼の気持ちを冷めさせていませんか?

 

彼を手離したくない、という思いがあっての彼女の反応なのだが、それが逆効果となって、彼が離れて行ってしまうかもしれない。

そんな思いが、彼女がのしっくりしない、落ち着かないという思いを生じさせているのだ。

こんなことに気づいた彼女は、カウンセリングを通しての問題の要因を真剣に考え、明らかにする作業をしたのだ。

 

彼氏自身の問題はなにか?

自分の問題はなにか?

特に、浮気そのものに対する自分の考え、価値観のふり返りをした。

また、自分のどちらかといえばオーバーな反応を示したことの分析もした。

 

そこで一つわかったこと。

彼女が幼い頃、父親の浮気が発覚したときに母親がヒステリックに父を責めていたことを思い出した。

そして、そのときに自分が受けたショックは、何か大変なことを父がやってしまったという意識、母の狂乱ぶりを見たときのショックがトラウマとして心に焼きついていることに気がついたのだ。

 

二人の関係がまだ浅い時期には、関係が定まっていないことが多いのだ。

念のために言うが、結婚した夫婦にも同じことが言える。

結婚したからといって、二人が深い関係を結んでいることを意味しない。

結婚しても夫婦、になっていないカップルが少なくない。

長い年月と絶ゆまざる努力のつみ重ねによって、二人の関係が深められ、お互いをケアし合い、癒し合う関係が育っていくものなのだ。

 

その努力を怠っていることが、自分の恋人(結婚の相手)以外の異性に心が引かれてしまう大きな要因になっているのだと思う。

浮気の原因は、十人十色だが、それに目をつぶり、ただその行為を嫌悪し、相手を責めるだけでは問題は解決しないばかりか、問題をさらに大きくしてしまうことを覚えておこう。

 

関連記事

→彼氏に対する不安を解消するには?

→本当に好きなのか分からない時に

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP