女の買い物が長いと理由と噛み合わない心理8選

男には理解できない女の行動もあれば、逆もあるわけですが、女の買い物が長いことに対して、世の中の男性の多くが「付き合いたくない」という本音を隠していたりもします。

よく大型連休ともなれば、女性の買い物に付き合い、荷物持ちを手伝っている男性などを目にしますが、なぜ女性の買い物というのは長くなってしまうのか、原因を知っていますか?

男性には理解できない女性の買い物の長さについて、心理から答えを導き出していきましょう。

スポンサードリンク

買い物が長くなる理由

女性は過程を重視する

女性と男性の決定的な違いの1つに、女性は過程を大事にし、男性は結果を大事にするという違いが見られます。

これを買い物に置き換えると、男性は結果を重視するために、買い物をするまでの過程よりも、値段やそのお店に入る意味をどうしても考えてしまう傾向にあります。

一方で女性は過程を大事にするので、購入するまでの行動が大事であったり、二人でどのような会話をして買い物を終わらせるのかという部分を重視します。

つまり、男性が女の買い物は長いと感じてしまう理由というのは、男性は結果を重視するので「気に入ったものや欲しかったものを買う」ことが目的なのに対して、女性は過程を重視するので、「買うまでの過程を楽しむ」ことも目的であるのです。

だからこそ、男性は自分が興味のないお店に連れて行かれることを嫌いますし、目的もなくダラダラと歩くような行為を嫌がるというわけなんですね。

さらにイメージしやすいように、例を1つ挙げるとすれば、店内でどちらの色の服がいいのか?と質問された際に、男性の本音はどちらでもいいと思っているのに対して、女性はその過程を楽しみたいがために、男性の適当な返事に怒ってしまうのも、このような男女の考え方の違いが原因であるのです。

 

プチ贅沢はストレス解消

女性はプチ贅沢をすることが大好きであり、デザートや付録など、プチなおまけや贅沢をすることによって、幸福感やストレスを上手に解消する傾向が見られます。

一方で男性は、プチよりも一攫千金を狙いたいという気持ちが強く、ギャンブルで大勝ちをしたり、大金を得るために犯罪を犯してしまいやすいのも、このためです。

これは買い物にも見られる考え方の違いであり、女性はプチ贅沢が好きということなので、より多くの商品を目にして、付録付きであるかどうかなどを選別することによって、その時間を楽しむこともできますし、より自分にとってプチ贅沢や少しでも得したという感情を得ることを、求めているのです。

その証拠に、女性をターゲットとする商品というのは、付録やタダという条件がついていることも多く、小さなお得感を演出していることが多いです。

男性にとっては、女性の買い物は長いから付き合いたくないという気持ちになる人もいるでしょうが、たまにでいいので、長い買い物に付き合ってあげることによって、円満な関係を保つコツともなりうるでしょう。

 

一番いいものを選ぶのが得意

さらに女性は、たくさんの商品を比較することが好きである他にも、最も相手が喜ぶプレゼントを選ぶことが得意であったりもします。

これはどういうことかと言えば、相手が最も喜んでくれるプレゼント選びや、自分が最も喜べる商品を選ぶ能力に長けているということです。

だからこそ、買い物が長くなってしまうことにも繋がってくると考えることができ、さらには自分へのご褒美や相手にプレゼントする際に、一番いいものを選ぶことが得意ということは、自分や相手に最も喜んでもらえる物を選ぶことができるということですから、こういった行動をとることによって、女性は自分のモチベーションを高めることができてるのです。

男性よりも女性の方が、小さなプレゼント交換が好きであったり、プレゼント選びをすることが好きである人が多いのも、こういった理由が関係しています。

スポンサードリンク

男性がイラっとする行動3つ

結局買わない

特に優柔不断な性格である女性に見られやすい行動であり、長時間をかけて商品を見てきたにもかかわらず、結局買わない選択肢をする女性に対して、イラっとしてしまう経験がある男性というのは、案外多いものです。

最終的に必要ないと判断したのであれば、買わないという選択肢は決して間違ってはいませんが、長時間付き合わされた男性の気持ちからすれば、無駄な時間であったという感情を抱いてしまうことに繋がりかねません。

先ほども言いましたが、男性は結果を重視する傾向が見られるので、過程を楽しむことは難しいのです。

 

アドバイスが無意味

男性は結果を重視するため、どうしてもいい結果へと結びつくためにアドバイスをしたくなるものですが、女性はアドバイスよりも共感を求めています。

ですから「どっちが可愛い?」という質問に対しても、男性は答えを知りたがっていると思い込んでしまい、ついついアドバイスをしがちです。

ですが女性の本当の目的は、気持ちを共感したいということであり、相手の意見も取り入れたいということでありますから、どっちが可愛い?=どちらかを買うということではなく、一応意見を知っておきたい程度の質問であることが多いのです。

買わないのなら聞いてくるなと思う男性もいるでしょうが、これが女心というものなのです。

 

ありがとうが欲しい

こちらは男女問わずに言えることですが、何かをしてもらった時に、ありがとうの一言があれば、相手も自分もいい気持ちになれるものです。

ですが、長時間の長い買い物に付き合わされた挙句、たくさんの荷物持ちをして、ありがとうの一言がないとすれば、少し嫌な気持ちになってしまう人も当然いるわけです。

女性側からすれば、男も同じように言わないじゃない!という意見もあるでしょうが、長時間の買い物に付き合ってもらったのであれば、やはりありがとうの一言を伝えるようにする方がいいでしょう。

 

女性は思いやりも必要

男性に買い物を付き合ってもらうのであれば、女性は男性に対しての思いやりが必要であり、特に毎回のように長い買い物に付き合ってもらっている場合は、男性の気持ちを考えてください。

たまにの付き合いであっても、例えば男性が全く興味のないジャンルのお店で長々と買い物をされると、やはり男性は疲れてしまいますし、早く帰ってテレビが見たいという気持ちになってしまうでしょう。

当然これは、女性ばかりが我慢しろと言っているのではなく、男性側もたまにはサービスとして、女性の長い買い物に付き合ってあげる愛情も必要です。

ですがあまりにも買い物が長すぎたり、明らかに男性が興味のないお店で長々と買い物をすることは、男性にとっては苦痛と感じてしまうこともありますので、ある程度自分が納得したのであれば、少し早めにお店を出るといった思いやりをみせましょう。

そうした少しの思いやり精神が、買い物が原因となる喧嘩などを回避できるコツともなるのです。

 

男性は共感することが大事

一方で男性は、女性に対してアドバイスや結果を求めるのではなく、女性の話に共感してあげましょう。

例えば、「あの色かわいいね。」という言葉に対しては、「確かにあれはかわいいね。」といった共感を示したり、女性の話を拒否するような答えを出さないようにしましょう。

お互いに気持ちのいい買い物とするためには、こういった少しの思いやりが必要となります。

よく男性がしてしまいがちな失敗として、「どれも同じだからそれに決めろ」とか「疲れた」という言葉を発してしまう人がいますが、こういった言葉は女性にとってはあまり気持ちのいい言葉ではなく、喧嘩の原因ともなりやすい言葉でありますので、使わないように心がけておくといいでしょう。

女性は共感して欲しいだけなので、嬉しいとか楽しいといった感情を共感してあげると、買い物を楽しむことができると覚えておきましょう。

 

相手の気持ちを考えよう!

いかがだったでしょうか。

女性の買い物が長い理由や、お互いがついイラっとしてしまう原因などが、この1ページで知れたかと思います。

もしも特別に長い買い物をしたいのであれば、やはり一人で行くのがベストであり、その方が満足した買い物ができることでしょう。

自分にとって価値のあるものはどれなのか?これは本当に必要なものなのか?という見極めに時間がかかってしまうことは仕方がないことですが、だからといって、付き添い人の気持ちを考えないというのは、嫌われる原因ともなるので気をつけたいものです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP