不機嫌な彼氏のトリセツ~トラブルを避ける6の重点

不機嫌な彼氏に対して、苛立ちを覚えたり、またはその時の感情で別れようと考えてしまうことは、人間がよく犯してしまう心理の1つです。

よくよく考えてみると、その日一日が彼氏が不機嫌であっただけで、彼のイメージを決めつけてしまうのは間違いであり、不機嫌になってしまうことはあなた自身も経験したことがあるはず。

もちろん心がけない一言で傷つくこともあるでしょうが、そんな不機嫌な彼氏への取扱説明書(トリセツ)に関して、注意点などの重点を6つの項目にまとめています。

スポンサードリンク

議論を吹きかけない

彼氏がどんどんと不機嫌になったり、あるいは八つ当たりされてしまったということは、誰にでもあり得ることであり、あなただって非常に腹が立っているときは、理屈に合わないことを口走るはずです。

苛立つ彼に理屈や論理を持ち出しても、苛立ちをさらに増すだけである。

あなたは不機嫌で苛立っている彼に向かって、あなたの意見はまるで筋が通っていないと指摘したことがあるだろうか?そしてその効果はどうだったろう?

おそらく、効果はまったくなかったという経験をした人が、圧倒的に多いのではないでしょうか。

彼氏が不機嫌で苛立っているときは、とにかく邪魔をしないことが重要です。

彼をどうにかしようと考えず、自分はどうすべきかを考え、冷静になって彼の不機嫌な苛立ちを確認し、理論理屈で正そうとしない。

つまりそのまま放っておいて、あなたに八つ当たりしないように仕向けるだけでいい。

不機嫌な彼氏へあなたのすべきことは、自分は何を望んでいるのかを常に自分に問いかけて、それに向かって進むことだけなのです。

 

非難として受け止めない

受け止めない

ここで1つ、分かりやすいように例を挙げましょう。

ジーナとトニーはデートに出かけたが、その日不機嫌だったトニーの「君も現実社会を生きていないから、いろいろ大変だろうな。現実社会で生きている人間は、君が働いている大学にいるようなインテリばかりじゃないからね」という一言で台無しになった。

私が現実社会を知らないということか?これは侮辱されているのか?と悩みに悩んだ末に、ジーナはこれを侮辱だと受け止めたのです。

そしてジーナは、不機嫌なトニーの言葉を自分自身への非難だと受け止め、言い争いに発展させてしまったのです。

二人は何の問題もなく話をしていたが突然、どちらかが侮辱とも受け取られかねない愚かな言葉を発してしまう。

そして言われた方は、それを侮辱と受け止め、言い争いに発展していく。

完璧な人間など存在しないので、不機嫌な彼があなたへの侮辱とも受け取れる失言をしてしまうこともあるだろうし、あなたの方が失言することもある。

いちいち自分への非難だと受け止めていては、あなたは目的を見失うことになり、円満なカップルとは程遠い関係になるばかりです。

もしも彼が不機嫌な事が原因で失言してしまったのであれば、感情的になってしまうのではなく、その言葉があなたにどう影響するのか?(傷つく、それは触れてほしくない)など、あなた自身がどう感じるのかを彼に伝えるべきなのです。

スポンサードリンク

無礼には優雅に対処

さて、彼の無礼な振るまいを悪意に受け止めてはいけないのなら、どうすればいいのだろう?

電話をかけ直してこないといった些細なことなら、電話はあなたからかけるものと思い込んでしまえばそれで済む。

出会ったばかりの彼が、冷淡そうに見えて話しかけづらいと感じるときも同じです。

それを何とかするのは、あなたの仕事と思い込みましょう。

けれども、不機嫌だからといってデートの約束をすっぽかすといった、本当に無礼な振るまいについては、決断が必要です。

策を講じなければ、当然のように彼はつけ上がり、同じことを平気で何度も繰り返し、あなたはもっと大きな迷惑をかけられることになるだろう。

大切なことは、言い争いにならずに男性の無礼さを正す方法を身につけることです。

あなたのデートに関するルールを分からせ、どこまでが許されて、どこからが許されないのかを理解させるべきである。

口に出してはっきり言ってしまえば、今後どういう態度を取るべきかは彼自身の判断です。

あなたが髪をふり乱して、激怒することはなく、そんなことをしてもキレやすい女性だと思われてしまったら、男性はただ恐れを感じるだけで、あなたとは関わりたくないと逃げ出してしまうかもしれません。

男女のつき合いとは、複数の異なる状況や必要条件の釣り合いを取り、両者がともに満足できるものであるべきなのです。

 

何が一番大切かを考えよう

考える 女性

不機嫌な彼と言い争いになったときに、取り乱してしまうことは簡単なことです。

彼が挑発するような発言をすれば、あなたも思わず反論したくなるだろう。

しかし彼に反論することは、彼の悩みを解決しようとするのと同じぐらい大きな間違いです。

つき合い始めたばかりで、二人の関係がまだ安定していない頃は特に、彼と言い争うことは絶対に避けるべきである。

万が一、言い争いが避けられない場合は、あなたにとって何が一番大切かを考えよう。

あなたにとって一番大事なこととは、あなたの方が正しいと知らせることだろうか?それとも彼に魅力的だと思われることだろうか?

その答えを出せば、どんな言い争いになっても、自分がどうすればいいかが分かるはずです。

誰かに何か言われたときに、反論するかどうかは自分の考え次第であり、あなたには誰かに侮辱されながら、それをただ聞き流した経験があるでしょうか?

そのときのあなたは、「本気で相手にするほどのことでもない」と考えて受け流し、自分の世界に戻ったはずです。

そのときのそのことに憤慨するよりも、他の何か、おそらくは自分の人生を生きることの方がずっと大切だったはずであり、不機嫌な彼との関係に関しても、あなたにとって何が一番大切かを考えてみましょう。

 

言い訳をしない

万が一不機嫌な彼と言い争いになると、あなたは自分の正当性を主張することや、なぜそうしたのかを言いわけするのに躍起になってしまうだろう。

しかし、どんなに気が立っていても、弁解がましい言いわけを押し通そうとしてはいけません。

火に油を注ぐようなもので、言い争いは収まるどころか、さらに激しさを増してしまいます。

彼の質問には端的な答えを返して終わらせるのがいい。

あなたの行動について、なぜそんなことをしたのかと尋ねられても、その質問に対する直接的な答えだけで十分です。

不機嫌な彼が怒っているからといって、あなたの行動の理由を逐一説明する義務はないのです。

男性は恋愛を通して、あなたの人生に付加価値的な彩りを与えてくれるものではあるが、あなたの幸せを決める決定的な要因ではありません。

この原則を忘れてしまうと、男性に依存してしまい、冷たくされ傷つけられるとすぐに動揺し、悩み、傷つくのである。

あなたはただ、自分にとって何が一番大切かを思い出し、彼の質問に答えて、言いわけがましいことは一切口にせず、争いを上手く切り抜ければいいのです。

 

注意点~トラブル回避のコツ

注意点1

不機嫌な彼の悩みを解決してあげようと思うのは大きな間違いである。

そんなことをすれば、終わりなきトラブルが発生してしまいます。

そのトラブルとは、今度はあなたが彼の悩みの種になってしまうからです。

そのわけは、男性は女性とは違った形で悩みごとに対処する。

男性は、自分自身で片づけようとし、強い意志で自分の力だけで解決することに、自己の力量と力強さを実感するのである。

だからあなたが助けようとすれば、それが例え思いやりや愛情から生まれた行為であったとしても、彼は自分の力や能力に疑問を持たれたのではと感じてしまいます。

ですから、もしも彼が悩みを打ち明けてくれたのであれば、ありがたいと思おう。

問題を解決しようとするのではなく、話を聞いて、一緒にいてあげることが、何よりも彼の心の支えとなるはずです。

または、あなたには自力で問題を解決する力がある、と励ますだけでいい。

もしも、不機嫌な彼が取り乱していたらそばにいて慰め、彼を励まし、彼自身で解決するための心の支えになればいいのです。

 

その場の感情でカッとならない

いかがだったでしょうか。

不機嫌な彼氏のトリセツが分かったあなたは、決して犯してはいけない間違いが分かり、男性の取り扱い方が分かったはずです。

間違っても、不機嫌な彼に対してカッとなり喧嘩はしないことであり、あなたは彼氏と喧嘩をするために会いにいっているのでは無いはずです。

どうしようもない時には、コンビニやスーパーにでも買い物に行き、彼と距離を置いてみましょう。

何も不機嫌な彼と、無理に一緒の空間にいて、関係を壊してしまうような原因を作ってしまうことはないのです。

また、「彼氏を怒らせた時の仲直り~許してもらう方法7ステップ」もセットで読んでみましょう。

もしも不機嫌になってしまった原因があなたであるのであれば、上記の1ページを参考に、仲直りを心がけるといいでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る