アラサー女子で恋愛できない人がする言い訳5選

アラサー女子ともなれば、恋愛を諦めて自分の趣味を楽しんだり、自分探しの旅に出る人も多く、いろんな理由で恋愛ができないと答える人がいます。

ですが、本当は恋愛に興味があるのに対して、恋愛ができないと言い訳してしまうアラサー女子は非常に多く、そういった女性には一定の特徴がみられます。

今回の記事では、そんなアラサー女子で恋愛できない人がする言い訳に関して、5選にまとめています。

スポンサードリンク

時間がない

アラサーに限らず、時間がないから恋愛ができないや、異性との出会いが作れないと答える女性は多いですが、男性と知り合うのは、あなたが思っているほど多くの時間は必要ありません。

毎日の生活の中で、「ムダにしている時間」(例えばレストランやレジで順番待ちをしている時間、買いものをしている時間)こそ、男性と出会うチャンスがいっぱいであったりもします。

これは最も、男性との出会いに時間はまったく必要ない、と言っているわけではない。

恋愛に関してだけでなく、何か新しいプロジェクトを始めるときは、結果を生むまでにいくらかの時間は必ず必要です。

今あなたは、どれほど真剣に恋愛を見つけたいと思っているのだろうか?

もう一度自分の思いの強さを見直してほしい。

これからの三~九ヶ月の期間、あなたは自分のスケジュールから時間を割いて、男性とデートの約束を取りつけることを最優先事項の一つにできるだろうか?

もし本当にできるのであれば、あなたは恋愛ができるアラサーであるといえるでしょう。

時間を作り、努力して前に進めば、導かれる結果はとても素晴らしく、劇的なものになり、きっと心臓の鼓動さえも、歌を歌っているような気分になるだろう。

 

いい男は残っていない

残っていない

私はこれまでに何回も、「世の中には良い男性は残っていない」という女性たちの言葉を耳にしてきた。

女性はたいてい、男性の発する信号や意図を間違って受け取っている。

もちろん中にはくだらない男も存在することは間違いありませんが、男性の発する信号や意図を間違って受け取っている女性は、男性が言い寄ってきたり、話しかけて何かをするたびに不快に感じ、「男は皆ゲスな生き物だ」と思ってしまうのです。

1つ例を挙げるとすれば、男性側としてはロマンチックで優しく接しているつもりなのに、あなたは高望みをし過ぎて男性を見下してしまっている。

こういった自分自身にある原因が、アラサー女子になっても恋愛できない自分を作り出し、そして恋愛できない自分に対して、いい男がいないと言い訳してしまう結果に繋がってしまうというわけです。

もしもこのような言い訳をしているアラサー女子であれば、あなたはこれまでにも、相手が素晴らしい男性にもかかわらず、彼が常にあなたの期待通りに行動しないという理由で、恋愛対象から外してきたはずです。

男性たちが思慮に欠け、不器用な方法で女性にアプローチしているにも関わらず、こうした場面でのこのタイプの女性は、男性を繁々と見つめて、バカげた口説き方や受け売りのアプローチを嫌そうに聞き、彼のことを何も知ろうとせずに、さっさと拒絶する。

また面白いことに、このタイプの女性はこういった言い訳はしますが、容姿が自分の理想の男性であった場合は、そういった部分が見えなくなってしまうといった特徴も見られます。

スポンサードリンク

出会いがない

アラサー女子が出会いがないのは、あなたが小さな世界にとどまり続けているからです。

アラサー女子である場合は、もうあなた自身が本当に出会えるべき場所や、出会うためにすべき行動というのは、大まか頭に入っているはずです。

ですがそれを実行できないのは、あなたが恋愛を本気で求めていないのか、それともどこか臆病になってしまっているのか、それとも恋愛の幸せな瞬間というのを忘れてしまっている可能性が考えられます。

もしも若い頃はバカをしてよくナンパされていたのであれば、同じようにバカなことをしてみればいいのです。

若い頃と方法は同じでなくても、バカなことをして人生を楽しんでみると、人は寄ってきますし、楽しい場所に人は集まるのです。

ですからアラサー女子だからといった理由で、出会いを諦めてしまうことや、自分の年齢にコンプレックスを抱える必要はないのです。

そんなことをしてしまえば、あなたの周りに人が寄ってこない環境を作り出してしまいかねません。

 

私には無理だ

無理だ

新しい技術を学んだり、新しいプロジェクトを始めることには不安がつきものです。

悩んで恋愛を諦めたくなった時の最適な打開策は、他の女性に支援を求めることが大事です。

女友だちでも、母親でもいい。

悩みを打ち明け、褒めてもらい、助言を受け、暗闇から救い出してもらうといった方法です。

また、悩んだり落ち込んだりして途中で諦めかけたときに、いつでも力づけてくれる存在があるのは、極めて大切なことです。

もしもあなたが、恋愛や自分に自信がないアラサー女子なのであれば、最終目標に達することがどんなに素晴らしいことか、いつか理想の男性に出会ったときに、それがどれほど幸せな気分になるものかを思い出させてもらおう。

また、あなたがこれまでどんな成果をあげてきたかを知っている女友達と話をし、その成果を機会あるごとに思い出させてもらおう。

後、朗報を一つ挙げるとすれば、失敗して敗北感を感じるのは、本当はとても良いことなのです。

なぜなら、痛みをバネにして、再び行動を起こすことができるからです。

ですから本当は、男性に拒絶されることがあまりに辛く、何もかも上手くいかないと感じるときこそ、その苦痛から早く立ち直り、元の場所に戻って、もう一度行動を起こすべきなのである。

 

女から男を求めるべきではない

求めない

アラサー女子で恋愛できない人の中には、女性が男性を誘うなんてとんでもない、と考えている女性も世の中にはいます。

男性がぞろぞろと群れをなしてあなたにデートの誘いをかけてくるならば、それは確かに最高でしょう。

こういった女性のタイプは、恋愛に関するすべての責任は男性の肩にかかっていると教えられ、そのまま大人になってしまった女性たちです。

またこのタイプの女性は、物事がすべて完壁に、自分の思う通りに進まなければ気がすまないタイプが非常に多く、自分の望みを叶えてくれない世間を恨むことも多いです。

不平不満ばかりを口にするが、自分からは何一つ状況を良くしようとはしないアラサー女子は、恋愛できない性格の典型的特徴であると言えます。

また、このタイプのほとんどは、男性に恐れを感じると告白してしまう。

つまり、彼女たちは男性と距離を置き、男性と関わりを持たないようにしているのです。

もしあなたもこのタイプのアラサー女子であるならば、一人ぼっちのまま人生を終えるか、破綻した結婚生活を送るか、どちらかになる可能性が高いということを、知るべきである。

こういった恋愛に対する、一種の間違った偏見を強く持ち続けているアラサー女子は、今すぐ自分の固定概念は必ずしも正しいものではないということを、認める勇気が必要となります。

 

殻を破ろう

いかがだったでしょうか。

恋愛に少しでも興味や未練が残っているのであれば、異性との出会いのチャンスや、出会える場がある時には、積極的に行動を起こしてみるべきです。

そうして、自分の中でやり切ったと思えるほどの行動を起こしてみると、また違った考えにも気づき、自分がどれだけ偏った考え方をしていたのかという分部にも、気がづくはずです。

もちろん自分のための人生を全力で楽しむことが重要ですが、恋愛というのは、その自分のための人生により幸福を与えてくれる手段の1つだ、ということを再確認しておきましょう。

また、「魅力的な女性になるには7の特徴を意識しよう!」もセットで読んでみましょう。

魅力的な女性になるために、より効率的な方法で進めていくことをおすすめします。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る