年収250万の手取りと結婚生活の現実7選

高収入の男性と結婚したい女性が多いわけですが、低収入の男性と結婚すると本当に苦労するのでしょうか?

こちらでは年収250万円の男性と結婚した場合に、どのような生活が待っているのかや、年収250万の手取り額などについてお話を進めていきます。

近年では、実際に年収250万円程度の男性も増えていますので、給料が20万円で非正規社員であれば、だいたいその程度の収入ですよね。

女性の希望年収額は600万円以上とされているわけですが、低所得な男性との結婚生活の現実は、実際のところはどうなっているのでしょうか。

スポンサードリンク

手取り額

年収250万の手取り額は、およそ200万円前後であり、200万円程度だと思っておけばいいでしょう。

地域によって手取り額に若干の差は出ますが、そこまで差が出ないのが特徴的であります。

つまり年収250万での結婚を考えるのであれば、月々16万円程度のお金しか使えないということを、頭に入れておく必要があります。

 

一般的な生活は可能です

生活 可能

年収250万であっても、女性も働くことで一定の生活水準はキープできます。

例えば、女性自身もパートを行い年収100万円程度を得たとします。

男性の250万円とあわせると、世帯収入は350万円になるわけです。

年収350万ともなれば、家賃がそれほど高くなく、7万円から8万円程度であれば充分に暮らしていけるわけです。

しかし、年収350万円程度だと、子供を養っていくのはかなり難しいでしょう。

女性か男性のどちらかが子供の面倒を見なければならず、ある程度大きくなるまでは共働きができなくなります。

 

女性が正社員であった場合

今では、女性でも年収400万円以上は稼げる時代ですあり、男性の250万円と400万円を合わせると、総合で650万円になるわけです。

実は女性の望む男性の年収は「640万円」といった結果も出ています。

つまり自分も働けば、その水準に充分に到達できるという結論になります。

ただこの場合は、子供が出来た時には旦那さんに育児をして貰う必要があり、女性が稼ぎ頭となっているので、産休が終わったら直ぐに仕事に復帰しなければ生活が立ちゆかなくなる可能性があります。

スポンサードリンク

様々な費用を切り詰める必要がある

食費を抑えるのはもちろん、趣味を控えることも必要になります。

お金のかかる趣味であった場合には、年収250万円であれば諦めざるを得なくなりますし、外食などもしっかりと抑えて、使い過ぎないように調節することを考えなければなりません。

もちろん、スーパーのタイムセールに敏感になる必要もあります。

さらに、旦那さんのお小遣いについても抑えることが必要であり、年収250万円の家庭だと、月に20,000円程度に抑えているケースが多いです。

旦那さんも不満を持ちやすいので、この点はなかなか難しいところだと思います。

 

「家賃は月収の25%が目安」

家賃

住んでいる場所によっても、支出面で大きな違いが出てきます。

東京だと2LDKの家賃は安くても12万円程度ですが、他県では半分の6万円台の物件が当たり前だったりします。

ですから、250万円の年収では都内の物件に住むことは、かなり厳しいと言えるでしょう。

基本的に家賃は月収の25%以内に抑えるのがベターであり、生活費は出来るだけ、旦那の収入のみで頑張りたいところです。

年収が250万円だと、実際の手取り額は200万円ほどでありますから、余裕のある経済状況とは言い難い金額ではありますが、まずは「世帯収入」を上げましょう。

最も、女性も働くことを選択すれば、例えパート勤務でも年間で100万円前後の収入を得ることは可能です。

 

貯金ができない「3大悪癖とは?」

年収250万の人であった場合は、特に貯金することが難しい年収となりますが、そのためにカードローンなどで借金地獄に陥ってしまう人が多くなります。

例えば、物欲が強い人は要注意であり、借金癖・ギャンブル癖・浮気癖は、ほとんど直ることが見込めないとまで言われる3大悪癖であります。

いくら年収が高くても、この癖がある限り生活が豊かになることはありませんし、結婚をするにあたっても大きな支障となり、相手のことが信じられなくなり、精神的にも不安定な状況が続きます。

とにかく年収250万の人との結婚を考えるのであれば、3大悪癖に当てはまっていないのかを、しっかりと見極める必要があるといえるでしょう。

 

年収250万の夫婦の声

23歳幸せってなに?さん

結婚生活二年目に突入した、まだまだ夫婦愛が冷めていない夫婦ですが、やはり旦那の年収のみでは生活はかなり苦しいです。

旦那もまだ遊び盛りの年齢ですから、ある程度はお金をもって遊びたいでしょうし、何より育児にお金が必要なので、食費などを抑えるしかお金を浮かす方法はありません。

私たち夫婦の場合は、テレビを見て一緒に笑ったり、趣味のカラオケで楽しい時間を過ごしたりと、お金がなくても幸せな時間を共有していると思えます。

ですが二人の愛が続かなくなった時に、正直年収が250万の旦那との生活が楽しいのかと言われると、?であるというのが本音です。

 

子供次第で、生活レベルは変わる

いかがだったでしょうか。

子供が出来ると共働きが一時的にできなくなるので、年収250万のみの収入では心もとなくなります。

さらに、子供がいなかったとしても、日々の費用には注意を払わなければなりませんので、家計簿をつけるのも必須です。

仮に年収250万円で二人暮らしをするのであれば、貯蓄についてはほとんどできませんので、仕事を変えられないのであれば、副業をするなどの方策も考えるべきです。

子供ができないのであれば、二人の収入を合わせるとある程度趣味などにお金を使える余裕がある年収ではありますが、子供ができると生活が急にきつくなってしまうのが、年収250万の結婚生活の実態であるといえるでしょう。

また、「年収600万の手取り・生活・仕事の基本7選」もセットで読んでみましょう。

女性の希望年収額である600万の、手取りや生活レベルの現実も知ってみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る