魅力的な男性になる為に絶対必要な1つの条件

自分には十分な魅力がないから、自分に自信が持てないなどと言う人がいますが、本当にこういった人は自分の魅力に気づいているといえるのでしょうか?

実は世の中の自分に自信を持てない人の多くが、自分の魅力に気づこうともしない事実を受け入れることができず、そして外見的な要素ばかりを気にしてしまいがちです。

そして自分の魅力に気づいている人であっても、この魅力を最大限に活かせているのかといえば、疑問に感じる人も多いでしょう。

今回の記事では、そんな自分の魅力をもっと引き出したいと思う人へ贈る、魅力的な男性になる為に絶対必要な1つの条件に関してお伝えしていきます。

スポンサードリンク

自分には十分な魅力がない

自分の容姿が異性をクラクラっとさせるほど魅力的だと、自信を持つ人などそうそうはいません。

なぜなら、世界で最も魅力的とされる男性でも、完全には満足できずに、「ここがもうちょっとこうだったら」と不満を感じているからです。

要するに、世の中は誰もが自分の容姿に満足できないでいるのです。

世界で最も魅力的とされる男性でさえも、まだまだ自分の魅力は十分でないと思っているとしたら、一体あなたはどうすれば満足できるのだろうか?

私が言いたいのは、終わりなき美への追求は止めて、今のあなたに備わったあなたらしい魅力を伸ばしていくべきということです。

そう、確かにこれは「言うには易し、行なうには難し」であろう。

しかし、どんなに難しいことでも、これが今現実にあなたがすべきことなのだ。

そしてあなたは、自分の魅力を実感できるように、何かをしなければならない。

そこで、アメリカで有名な恋愛心理学者のドミトリィ・ピルケアが提唱する「魅力を引き出す練習法」は試す価値のあるものなので、ここではそれを引用して紹介していきましょう。

 

自分の魅力を引き出す方法

自分の魅力

周りの男性の誰かが魅力的に見えたとき、それに比べて自分には魅力がないと悲観してしまうのは自然なことです。

「彼はとってもハンサムだけど、自分はブサイク。彼はセクシーなのに、自分はダサい」と考えてしまうものです。

心理学者はこの心情を、「プロジェクション(投影)」と呼んでいる。【意味・物の見え方や解釈の仕方に、自分の心の内面が表現され、自己の観念・情緒などを他人に属するものとして知覚すること】

この「プロジェクション(投影)」とは、魅力ある男性を見ると、あなたが思う魅力的な美しさや、男性としての価値の全てがその男性に吸い取られてしまったかのように感じ、それはまるで、その男性があなたの思う魅力のすべてを手に入れることは、当然の権利だと主張しているかのように思えてくるのである。

ですからあなたは、自分の勝手な判断での心の内を理解し、彼に対して嫉妬や自己嫌悪を感じてしまうというわけです。

幸いにも、これはビジュアリゼーションという視覚的なテクニックを使えば、第三者に吸い取られた「自分は魅力的だ」「自分は個性的だ」といった感覚を自分の中に呼び戻し、さらには自分の中でこれまでよりも強めることが可能となります。

つまり、あなたは自分に自信をつけることができ、自分の隠れた魅力を再び引き出すことが可能となるのです。

スポンサードリンク

ビジュアリゼーションとは?

「彼はとっても魅力的で、自分はブサイク。彼はゴージャスで、自分はゴミ」という発想を阻止さえできれば、ビジュアリゼーションは、実行可能です。

「魅力」を彼から引き戻すためには、ちょっとした想像力が必要ですが、これは誰にでもできる。

最初に、もし自分が彼のように魅力的だったらと考える。

その魅力的な男性の体と入れ替わって、大通りを歩く自分を想像してみましょう。

そして、彼だったらこうするだろうと思う振るまいをし、彼だったらこう考えるだろうと思う考え方をしましょう。(本当に彼がそうするか、そう考えるかは分からないが、自由に発想して良い)。

例えば、「彼はとってもイケメンで魅力たっぷり。皆が自分に注目しているはず」でもいい。

彼になったつもりで好きなように考え、そのときどんな気分になるかを感じ取るのです。

彼になりきって立ち居振るまい、彼が考えるだろうと思うことを考えていくと、次第に自分の体の中から自分の魅力に対する自信が生まれてくる。

どんな気分になるだろうか?胸のつかえが取れて軽くなるだろうか?肩が軽くなってリラックスしてくるだろうか?人それぞれ感じるものは違う。

あなたがどんな気分になるか、いろいろ試してみたら良いでしょうし、ウキウキとした気分になってくることは確かな事実でしょう。

 

ここから見えてくる1つの真実

真実

さらにピルケアは、このとき他の男性に「投影」して魅力的と感じたものが、あなたが真に「男の魅力」と信じているものだと言っている。

それこそが、あなたの容姿に関係なく、あなたにとっての「魅力の条件」だというわけです。

それが自分にあると思って過ごす気分がどんなものかを想像してみよう。

女性に思わず話しかけてしまうだろうか?自分の自慢できるところを強調するような服が着たくなるだろうか?毎日やっていることにも変化が出てくるだろうか?

次に、あなた自身の体に焦点を当てよう。

その気持ちを残したまま、自分の体に戻すのです。

もし難しいようだったら、もう一度最初の誰か魅力的な男性になりきって、表の通りを歩いているところから始め、「体のどの部分が魅力的になったように感じるか」を考えてみるといい。

それはどの部分だろうか?どんなふうになっているだろうか?もし色に例えると、何色か?どんな気持ちが湧いてくるだろうか?

どう感じるかは千差万別ですし、どんな気分でもかまいません。

 

元も体に戻しましょう

どんなエネルギーがみなぎってきたかを感じたところで、ゆっくりと元のあなたの体へと戻していこう。

ただし、その感情は持ったままで、今度は自分の体でそれを感じとるようにしましょう。

ビジュアリゼーションを試したあと、自分の一挙一動が改善されていることに気づくはずです。

そして、しばらくは魅力的になった自分を感じることが楽しく思えてくる。

何しろ、あなたは体の中に「太陽」や「炎」や「虎」になったかのような、存在を感じているのです。

そして、それらの気分を持つことの心地良さも感じてくるはずです。

このようにビジュアリゼーション効果をたくさん試せば、魅力的な男性を見た途端に自分の思う魅力のすべてをその男性に投影して、嫉妬するプロジェクションの回数はだんだんと減っていくだろう。

 

ではもう絶対嫉妬しないか?

いかがだったでしょうか。

この「魅力を引き出す練習法」をしたろころで、もちろん残念なことに、絶対に嫉妬をしないとは言えません。

自分よりも魅力的な男性はたくさんいるではないかという疑問は、確かにその通りであります。

しかしこの方法を実践していけば、自分で「とうなれば魅力的になれる」と信じているものを、自分自身の中に見出す活力が生まれるとともに、あなた自身の魅力も引き出され、その魅力が外に向かってアピールされるようになるのです。

自分の魅力をもっと引き出したいのであれば、ぜひ一度試してみるといいでしょう。

また、「自分の魅力を知るたった1つの方法」もセットで読んでみましょう。

あなたは自分自身の魅力に本当に気づいているのか?診断してみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る