恋愛に憶病な男女へ捧げる克服方法4ステップ

恋愛に臆病になってしまえば、目の前にチャンスが転んでいたとしても、そのチャンスを逃してしまうことはよくあることです。

そもそも恋愛に憶病な人というのは、実はある原因が考えられ、その原因はやがて恋愛に憶病な自分を作り上げてしまう、いわば犯人であります。

今回の記事では、そんな恋愛に憶病になる原因の追究や、その原因を無くすための超簡単な対処法について、しっかりと具体例なども参考にお伝えしていきます。

スポンサードリンク

今あなたがすべきこと

男性であれ女性であれ、拒絶への恐れは必ずあります。

しかしこの臆病の原因である、「拒絶」の原因をしっかりと捉えることができれば、その恋愛に対する臆病への対処もかなり簡単になってきます。

ですから真っ向から臆病になってしまう原因である、「恐れ」に立ち向かい、例え拒絶されても平気でいられなければ、恋を求める道は閉ざされるか、または遥かに遠くなるだけなのです。

また、「恋愛に関する誤解」のもう一つ存在し、「モテる人聞は絶対に拒絶されない。だから拒絶されたらどうしようなどと考える必要もなく、恋愛もデートも思いのままだ」という考えがあります。

この考えでいくと、拒絶される人間はモテないということになる。

もしあなたが異性にフラれたら、あなたはモテない人間だということになります。

そうではなくて、恋愛において拒絶される恐怖心から臆病になっていまうことは、誰にでもあることなのです。

どんなに熟練した人間でも、どんなに完壁な人間でも、どんなに素晴らしい人間でも、拒絶された経験は必ずあります。

今あなたに必要なのは、臆病になってしまった原因である、拒絶に対して上手く対処し、平気でいられるようになることなのです。

 

分かりやすく具体例を挙げる

ポイント

例えば、三回目のデートを想像してみよう。

あなたはそろそろ「次の段階」に進むべきだと思っているが、目の前の異性はキスしようとすらしない。

あなたに気があるように見えるが、それも確かではない。

一方、あなたは彼とのキスのことで頭がいっぱいだ。

しかし、あなたはたった一つの理由で、異性を恐れている。

それは、異性にフラれたときに受ける心の痛みや惨めな気持ち、それが怖いのであり、恋愛に憶病になってしまう原因でもあるのです。

もしも「ノー」と言われたら、あなたは全てのことが否定されたような気持ちになる。

そして恋愛に憶病な人が考える傾向としては、もう一生異性とはつき合えない、自分は魅力のない人間だ、などと辛くて惨めな気持ちでそれから数日間を過ごすことになりがちです。

つまり、あなたが今すべきことというのは、この「全てのことが否定されたような気持ちになる」原因を改善することであり、この一種の間違った思い込みを改善するだけでも、恋愛に憶病な自分を変えることができます。

スポンサードリンク

拒絶は未来への通り道

まず、拒絶の理由を自分の至らなさのせいにするのではなく、例えばこのように考えればいい。

・相手は自分の世界に閉じこもっていて、邪魔されたくなかったんだきっと

・特定の恋人がいた、結婚していた

・おそらく体調が良くなかったんだ

・その時は、ちょうど悪い知らせを受けたところだった

・同性愛者だった

・性の問題で悩んでいた

 

など、これが本当だろうが、そうでなかろうがどうでも良いことですし、どれが本当かなどは知る理由もなく、知りたくても知りようがないことであります。

恋愛に憶病な人ほど自由に発想して、最も自分に都合の良い選択をしてしまえばいいのです。

つまり先ほどの例で言いますと、あなたが拒絶されたのは、あなたが異性に興味を持たれるような人ではなかったからではない、と思えればいいのである。

どの理由を選んだとして、もしかしたら、それが真実であるかもしれないのです。

このようなもしもの想定から一つを選び、拒絶されたことを自分の至らなさによるものとせず、恋愛に憶病な自分を変えていきましょう。

本当に自信のある人というのは、異性というものは一概に素晴らしいものだと信じている。

だから、たまたま何か個人的な理由で異性を拒絶することもある、と考えられるのです。

あなただったから拒絶したのではなく、かといって相手が異性だったから、あなたを拒絶したわけでもない。

その相手に個人的な問題があっただけのことであり、ただ、それだけのことだったと考えるようにしてみましょう。

 

すぐに気持ちを切り替える

気持ちの切り替え

自分に自信のない人は、拒絶されるとあれこれと思いを巡らす。

何度もその場面を思い返しては、自分の落ち度はどこにあったのかと必死になって探し出し、さらにその痛みや惨めな気持ちを深くしようとします。

一方で、自分に自信のある人は、拒絶されてもすぐに気持ちを切り替える。

「さてっと、誰か他に話しかけられそうな人はいないかな?」や、「今夜のテレビは何だっけ?」、「どの友だちに電話したら、他のことで盛り上げてくれるかな?」などと。

恋愛に憶病なあなたにも、おそらく似たような経験があるはずです。

気分がふさぎ込むようなことがあったとき、何か別のことを考えて気を紛らしているうちに、嫌なことを忘れてしまったということがあるのではないでしょうか。

もしも同じような経験をしたことがある人は、後で改めてそのことを考えると、思っていたほど大したことではなかった気がしてきたはずです。

拒絶されたら、さっさと忘れる。

そんなことかよと思うかもしれませんが、それが長く続く素敵な恋愛を手に入れる秘訣です。

この二つの対処法を身につければ、あなたの恋の可能性はぐんと高くなるでしょう。

 

失敗はたくさんすればいい

いかがだったでしょうか。

恋愛に憶病な人に一言かけるとすれば、「失敗はたくさんすればいい」という楽観的な気持ちになって欲しい、ということです。

どんなに容姿がいいと言われる人であっても、必ず過去の恋愛で失敗を経験しており、この失敗を糧にさらなる恋愛テクニックをに見つけていたりもするものです。

恋愛に完璧主義は必要ありませんし、これは人生においても完璧主義になる必要はないのです。

さらに深い部分まで追求すれば、いつまでも恋愛に憶病になり続けていれば、あなた自身の魅力が相手に伝わらず、魅力は半減してしまうといったデメリットも考えられるのです。

ですから恋愛に憶病になるのではなく、殻を自らの手で突き破ってみてください。

また、「ミラーリングの心理学|効果で好意を抱かせる方法4選」もセットで読んでみましょう。

ミラーリングという心理テクニックを学ぶことによって、恋愛に対して自信をつけれるきっかけとなるかもしれませんので、一度目を通してみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る