恋愛を諦めた人の共通点10選

恋愛を諦めた瞬間というのは、生涯独身であることを決めた瞬間であることも多く、恋愛を諦めたことによって新たなチャレンジに繋がることもあるでしょう。

現在では独身の割合も増加傾向にあり、恋愛を諦めてもそれほど問題はないという風景が広がりつつありますが、恋愛をすることによって新たな自分を見つけるきっかけとなったり、恋がもたらす幸せの瞬間を感じることだってできたりするものです。

今回の記事では、そんな幸せの瞬間や新たな自分を見つけるきっかけにもなる、恋愛を諦めてしまった人の共通点について、10選にまとめています。

スポンサードリンク

サポート不足

十分なサポートが得られなければ、恋愛経験が豊富でない人の多くは、恋愛が失敗に終わってしまうことが多いです。

多くの恋愛書籍を読んでみても、恋愛達成には周りの助けが必要だと強調している。

恋愛を諦めないためには、同じように取り組む仲間、親友、友だち、家族から、暖かいサポートを得られるようにしよう。

心の支えにもなってくれるし、デートをアレンジしてくれたり、デートのきっかけを作ってくれることもある。

上手くいかなくて泣きたくても、肩を貸してくれたり、親身になって話を聞いてくれる友人がいなければ、多くの人が途中で恋愛を諦めたと放り投げ出してしまいます。

夢を実現させるためには、あなたに愛情を与えてくれる仲間を探す必要があります。

 

資源不足

資源不足

ここで言う資源とは、財政的な資源と異性の候補者数の両方の意味がある。

多くの恋愛を諦めた人は、理想の異性を探すのはお金がかかると言いますが、そんなやり方は間違っています。

お金とエネルギーは、あなたが異性のために費やすものであり、他の形は存在しない。

お金がかかって異性に出会えないと思うのなら、もっと費用のかからない方法を探すべきです。

また、出会いの方法はいくらでもある。

異性と出会う場所や手段がないというのも、解決できる問題です。

今では、SNSや出会うことを目的としたパーティー、異性と相席になれるお店など、自らが本気で異性との出会いを求めるのであれば、いくらでも異性と出会う方法は存在するのです。

 

拒絶への恐れ

あなたが夢見る、長く続く恋愛関係を築くためには、目標に達するまで絶え間なく突き進み続けなければならない。

それを可能にするカギは、拒絶されても平気でいれるようになることです。

デートに誘っても断られるかもしれないや、自分が電話をすると気持ち悪いと思われるかもしれないといった、拒絶に対する恐怖心ばかりをイメージしていては、いつまでたっても恋愛を諦めたという言い訳を自分自身に言い聞かせなければなりません。

スポンサードリンク

消極的な態度

自分から異性を誘うなんてとんでもない、と育てられた人もいるでしょう。

そういう人は、幼い頃からデー トに誘うのは異性であり、自分はそれを受けるか断るかを判断するだけなのだと思っている。

確かにそれは、素晴らしい男女関係のあり方ではある。

しかし、世の中は変わりました。

草食系男子が増えてきており、恋愛にそれほど興味を示さない人も増えてきた世の中ですから、消極的な態度で恋愛に挑んでばかりでは、いつか恋愛を諦めたと投げやりな気持ちで、自ら幸せをつかむチャンスを逃してしまう確率がグッと上がってしまいます。

 

計画倒れ

計画倒れ

計画倒れは、最もありがちな大きな問題です。

思いつきや見込みで立てた計画は結局途中で投げ出され、行動の中断が長く続くことになる。

恋愛においては、大きな目標を掲げるのではなく、各週ごとに小さな目標を立てて順番にクリアしていくことが大切です。

計画は実行しやすい方法で、自分の都合に合わせて立てよう。

週に4回電話するのが大変なら、週1回に減らせば良い。

週に何回も出会いの場を求めて夜外出するのが無理なら、週1回に減らせば良いのだ。

臨機応変に対応して、生活のリズムを崩すことなく実行できる計画を立てることができる人は、いつまでも恋愛を諦めずに、計画的にいい異性を捕まえることができる、モテる人でもあるのです。

 

傷ついた過去

男女関係で心に傷を負う要因はいろいろあるだろう。

昔の男がとんでもないやつだったかもしれない。

結婚を一回、または二回失敗していることかもしれない。

恋愛経験が豊富な人であれば、誰でも一度は恋愛で傷ついた経験があるはずです。

そしてその傷が癒されず、異性に心を聞けなくなるのも分からない話ではない。

自分の殻に閉じこもりたくもなるし、心の傷が深ければ、家を出ることさえ嫌になるだろうし、二度と異性が信じられなくなるものです。

この問題は、簡単には解決できないし、用心深くなるなと助言するつもりもない。

ただ、どんなに苦しく傷ついていようとも前に進むことが大切です。

あなたには多くの選択肢があるので、その中から納得できる選択をし、そして前に進みたいと思えるようになったら、積極的にデートに取り組み始めてほしい。

 

高過ぎる理想像

「完壁な異性」を理想としている人も多い。

何事にも完壁なスーパーマンのような異性に憧れているのだが、現実にはそんな人は存在しない。

この問題を解決する方法は、「完壁な異性」とは、現実の世界には存在しないということを認めるしかない。

現実にほど遠い完壁な異性を理想にしていては、該当者はゼロで、あなたはいつまでも一人ぼっちです。

自分が求めるような、いい異性がいないので恋愛を諦めたというのであれば、自分自身が常に完璧でないと矛盾ばかりが浮き彫りになり、周りから馬鹿にされてしまうことも少なくはありません。

 

自信不足

自信がない 

積極的で向上心のある人は、フラれた過去の経験や失敗に終わった恋愛の経験も、将来の楽しい恋愛につなぐことができる。

あなたも同じように、意志をくじかれそうになったときは、これから待ち受ける素敵な恋愛の予感を心に持ち続ける必要がある。

また、自信を失いかけたときは、友人や同僚と相談したり、再び希望が持てるまで誰かにそばにいてもらうことが必要です。

自分の夢に向かう気力が出るまで、友だちや家族と話し合うのです。

励ましてくれる人がいれば、孤独を感じることなく、闇のトンネルから脱出して、明るい光の射す方向に戻ることができる。

 

パーソナルスタイルを持たない

多くの人は身だしなみがパッとせず、自信もうかがえない人にはまったく魅力を感じない。

たとえあなたが世界で一番美しい女性であっても、パーソナルスタイルを持っていなければ、恋を手に入れることは難しいのです。

パーソナルスタイルは非常に重要です。

パーソナルイメージは、自身の「外面」「内面」のタイプを客観的に分析することで把握できます。

 

年齢の為

女性の多くに当てはまりますが、女性は30を過ぎたあたりから恋愛を諦めたという人が多くなってきます。

さらに現代は、趣味や仕事も多様化してきていますので、恋愛を諦めてそちらに力を注いでいる、という理由で結婚を諦めた人も多くいるでしょう。

 

恋愛がもたらす影響は大きい

いかがだったでしょうか。

恋愛というのは、メリットもデメリットの部分も含めて、自分自身にもたらす影響は非常に大きいです。

ですから、恋愛というのは人を大きく成長させてくれたり、また自分を変えるきっかけともなりえます。

恋愛を諦めるかどうかは自分の自由ですが、心残りがない状態であきらめてしまった方が、後々後悔してしまう可能性が少なくなるということは、言うまでもありません。

また、「男女の明確な違い・考え方21選」もセットで読んでみましょう。

こちらを読んでみることにより、異性の考えの違いというものが分かり、友達付き合いや新たな恋愛にも大きく役立つ事でしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る