年収600万の手取り・生活・仕事の基本7選

年収600万稼ぐ人というのは、周りに嫉妬されたり羨ましいという感情を抱かれやすい職に就いていることが多く、結婚を考えている女性が魅力的であると思える職に就いている割合が非常に高くなってきます。

また年収600万ともなれば、中小企業の社長の年収であることも多く、実は皆さんが思うほど稼いでいない社長さんというのはたくさん存在するのです。

今回の記事では、そんな年収600万の手取り・生活・仕事について、7選にまとめてみました。

スポンサードリンク

年収600万の手取り額

勤務・扶養・生活状況等により異なりますが、年収600万円の手取りは約450万円~500万円となります。(金額に幅があるのは控除される金額が人により違うからです。)

ボーナスを含んで年収600万円の方は、手取り月収が約30万+賞与、ボーナスを含まず年収600万円の方は、手取り月収が約40万円になります。

これだけ稼いでいれば生活費に対して苦労はないでしょう。

ただ、普通に働いて年収600万円を突破するのは簡単ではありません。

特殊な職業であれば、普通に働いても十分に可能性はありますが、一般企業は甘くはありません。

しかし、大企業であれば条件は少し変わってきます。

順調に出世できれば、40代半ばや後半以降に達成できる可能性も出てきます。

しかし、意外なことに同世代で比べると年収600万円ラインの人は貯金が年収300万円ラインの人より貯金額が少ないケースが少なくありません。

年収300万円の人の2倍給与を稼いでいるにも関わらず、貯金が少ない原因の1つに無駄遣いがあります。

年収600万円レベルは決して金持ちとは言えませんが、若くして年収600万円を超える人は、同世代の中ではお金がある方と位置付けられます。

大学卒業まで普通の生活をしていたはずが、いきなりお金がある方に位置付けられることで無駄な出費が増加するという人は少なくありません。何事も将来を見据えた計画性を持って資金を回していきたいものです。

 

年収600万稼ぐ人の割合は?

wariai

一般的に年収600万円とは、何も控除されていない状態の年収を指します。

給与所得者の場合は、この年収600万円から社会保険料・源泉所得税・住民税(特別徴収のみ)が差し引かれて、給与手取り額が手元に入ってきます。

日本において年収600万円を稼ぐことが出来れば、生活に不自由しないレベルと言えるでしょう。(生活環境により一概に安心とは言えません。)

日本の男女統計を取った結果、年収600万円の男性が約200万人、女性が約50万人程であり、現在働いている総人口の約10%弱が年収600万円を稼いでいる計算になります。

年収は職種によって必ず決まっているわけではありませんが、一般的に年収600万円以上を稼いでいる人が多いと言われる職種は、弁護士・公認会計士・税理士・行政書士・社労士・看護師・薬剤師・公務員・建設業・漁師・IT関連・通訳等が挙げられます。

国家資格を取っている方は、年収600万円以上を稼げる可能性が高いという結果になります。

また、中小企業の社長クラスや大手企業の役職クラスはかなり高い割合で、年収600万円を実現させていることが多いです。

とはいえ、年収600万円を稼いでいる人の平均年齢は40歳を超えており、一般人は役職が付くかどうかによってかなり左右されるラインと言えます。

スポンサードリンク

比較的早い段階で突破できる職種

行政書士や社労士、そして税理士に関しては、働き始めて比較的早い段階で年収600万円は突破できます。

事務所に所属していたとしても、働き続ければ、700万円から800万円程度はもらえる職業でもあるのです。

ただ、資格の取得についてはそれほど簡単ではありません。

国家資格となっており、合格率は10%台であることも珍しくないからです。

なるのが大変だからこそ稼げる、といった見方もできるかもしれませんね。

 

公務員で突破する年数は?

教師や消防士なども年収600万円稼げる例はあります。

ベテランにならなければ達成は難しいですが、20年間など勤続年数があれば、充分に600万円を超えてくる可能性もあります。

消防士に関しては、夜勤などもあるハードな仕事でもあるので、適切な給与額といえるかもしれません。

もちろん、教師も非常に厳しい仕事です。

部活の対応、保護者の対応もしなければなりませんし、仕事を家にまで持ち帰ることが普通といってもいいほど、過酷な職でありますので、公務員だからといって楽に稼げるなんて思い込みはしないように。

 

一般企業でも600万円は達成可能?

勤続年数と役職などの影響が強く出るので、条件によっては達成可能な事もあります。

一般企業だと年収400万円から500万円程度で大多数の方が働いています。

なので、年収600万円となると、普通に働いているだけでは難しいです。

転職を繰り返してキャリアアップを実現するか、同じ企業にずっと努めて昇給し、役職につく、といったことが必要になるでしょう。

普通に働いているだけだと、500万円を超えることも難しいケースが多いです。

 

生活の参考

seikatu

年収600万ともなりますと、手取り額で言えば楽に生活できる年収であることから、年に100万以上の貯金も可能な年収となります。

また、専業主婦になりたいと思う女性が理想とする年収は、600万以上からであることが多く、実際に年収600万であれば一人の稼ぎで家族を養っていくことは可能です。

一方で、年収600万を稼ぎ出す職業というのは、重役などのプレッシャーがかかる職が多くなってきますので、当然体を壊す人も出てきます。

見えないプレッシャーから、うつ病などの精神病にかかってしまうことも少なくありません。

年収600万稼げる職業で一生やっていこうと思うのであれば、体力面だけでなく、精神面でも強くなる必要がありそうです。

 

専業主婦でもOKな年収です

いかがだったでしょうか。

年収600万円の生活が期待できる仕事の種類は多岐に渡ります。

例えば、弁護士・公認会計士といった国家資格の必要な仕事や、国家公務員・地方公務員(ただし年齢によって差があります)といった安定した収入が得られるものから、中小企業関係等幅広い職種で年収600万円を達成可能であると言えるでしょう。

年収600万円は多くの方の目標となっており、しかも実現が不可能な数字ではありません。

ちなみに、年収600万円の男性の既婚率は極めて高いとされています。

安定した生活が送りやすい年収額といえるのかもしれませんね。

関連記事→年収500万の手取りと生活・専業主婦は可能か?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る