彼女の嘘を見破る際に重要な7つのポイント

嘘つき彼女と一度でも付き合ったことがある人にとっては、人を信じることが怖く、そして新たな彼女が嘘つきかもしれないと疑い深くなってしまうことは、仕方がないことです。

人は自分を守るために自己防衛の心理が働き、騙されたという経験をしたことをいつまでも脳が覚えているものです。

今回の記事では、そんな彼女が嘘をついているかもしれない、という疑問を少しでも抱いた人へ、彼女の嘘を見破る際に重要な7つのポイントをお伝えしていきます。

実は重要なポイントというのは、誰でも見破ることができるようなポイントですので、ぜひこの方法で彼女が嘘つきなんのかどうかを確かめてみてください。

スポンサードリンク

口をおおう

嘘の言葉を押さえつけるために、脳が手に命令をしてこの動きを起こさせる。

手のひら全体で口を隠すこともあれば、指を唇に当てたり、あるいはこぶしをつくって口に押しつけることもあるが、意味するところはどれも同じです。

また、このしぐさがつい出てしまったとき、咳ばらいをしてごまかすこともある。

どんな形にせよ、口を手でおおう動作は、言いたいことがあるのに我慢しているという印象を相手に与えかねません。

会議の席で意見を述べているときに、そういうしぐさをする人がいたら、話にひと区切りつけて「ここで質問を受けつけましょうか」とか、「何かご意見は?」と呼びかけてみよう。

相手の胸の内を引きだす良いきっかけになる。

口を手でおおう動きにくらべると、人差し指を立てて唇に当てるしぐさは、迫力に欠けるが、印象はやわらかい。

親が子どもを静かにさせるとき、このポーズをよくとりますが、大人がこのしぐさをするときは、本心を言わないでおこうという心理の現われです。

 

鼻にさわる

鼻およびその周辺を軽くさわるしぐさ。

男性にくらべると、女性のほうが動きが小さくてさりげないのは、メークが落ちるのを防ぐためです。

ですが、ボディランゲージは単独で解釈してはいけません。

鼻にさわるのは、花粉症か風邪のせいかもしれない。

シカゴにある嘆覚・味覚療法研究財団の研究者は、嘘をつくと、カテコールアミンという化学物質が分泌されて、鼻の内部組織が膨張することを突きとめた。

さらに、体内の血流がわかる特殊なカメラで調べると、嘘をつくときは血圧が上昇することもわかったのです。

ピノキオは嘘をつくたびに鼻が伸びたが、実は、人間も嘘をつくと鼻がふくらんでくるのです。

血圧が上昇すると鼻がわずかに膨張し、神経末端が刺激されてむずむずする。

その不快感を解消しようと、つい鼻を指でかいてしまうのである。

 

また、神経学者のアラン・ハーシュと精神科医チャールズ・ウルフは、モニカ・ルインスキー問題について、大陪審で証言したときのピル・クリントンの様子をくわしく分析した。

すると、嘘の証言をするときは、口を開く前に一瞬眉をひそめ、四分おきに鼻にさわっていることが分かったのです。

大陪審での証言中、クリントンが鼻にさわった回数は二六回にのぼったそうです。

ちなみに、男性が嘘をつくときは、ペニスも膨張するという。

大陪審は、クリントンのズボンをおろして証言させるべきだったかもしれない。

嘘をつくときは、指先で軽く鼻に触れることが多い。

これに対してほんとうに鼻がかゆいときは、強くこすったりかいたりするものです。

また、手で口をおおう動作と同じで、鼻にさわるしぐさは、嘘をつく側だけでなく、相手の話を信用できないときに聞き手が見せることがある。

スポンサードリンク

目をこする

見たくないものが視界に入りそうになると、片手や両手で目をおおうだろう。

目をこするしぐさは、その延長線上にある脳が、騙す相手を見たくない、あるいは嘘に伴う罪悪感や疑念、不快な気持ちを遮断したいと感じて、目を隠す動作を指令するのです。

男性ならば目を激しくこすることが多く、さらに大きな嘘になると、視線もよそに向ける。

女性(彼女)の場合は、露骨に目をこすることはあまりありません。

なぜなら、マスカラやメイクが取れてしまうからです。

 

耳をつかむ

親にお説教されるとき、子供は耳を手でおおって聞くまいとします。

この成人版が、耳をつかむ動作です。

耳の後ろをこする、指先を耳の穴にねじこむ、耳たぶをひっぱる、耳全体を前に倒すなど、バリエーションはいろいろ存在しますが、いずれも「いやな話を聞きたくない」気持ちの現われです。

耳つかみは、相手の話をこれ以上聞きたくないときにも出る。

鼻にさわるのと同様、強い不安を感じているときにも見られます。

つまり、彼女が鼻を触って耳をつまむようなしぐさを見せた時には、嘘をついている可能性が高いということになります。

 

首をかく

利き手の人差し指で首の横、耳たぶのすぐ後ろをかく。

ある実験によると、かく回数は平均五回。

それより多い、あるいは少ないことはめったになかったそうです。

これは疑いや不安を持っているときに出る典型的な動作で、「うーん、そうは思わないけど…」という言葉が伴ったりもします。

反対に、「あなたの気持ちはよくわかるわ」と口では言いながら、耳の後ろを指で五回かいたら、内心はぜんぜんそう思っていない証拠です。

首をかきながらあなたに説明している彼女の姿は、嘘をついている可能性もありますし、疑いや不満の表れなのかもしれません。

 

指をくわえる

赤ん坊は、母親のおっぱいをくわえて安心を得る。

少し大きくなると、おっぱいの代わりに自分の親指や、お気に入りの毛布の端をしゃぶって気持ちを落ちつけようとする。

そして大人になったら、指を軽く口にあてたり、タバコやパイプ、メガネ、ペンをくわえたり、ガムをかむようになる。

口を手に当てるしぐさは、明らかに嘘やだましと結びついているが、指をくわえるしぐさは、むしろ心もとない気持ちの現われです。

つまり、嘘がばれるかもしれない…という不安な気持ちや、嘘のアリバイが完璧では無かったときに、しやすいしぐさの1つなのです。

 

衿をひっぱる

嘘をつくと、顔や首の敏感な皮膚がむずがゆくなって、つい指でこすったりかいたりする。

この事実を発見したのは動物行動学者デズモンド・モリスです。

さらに、前述したように嘘をつくと血圧が上昇して汗が出ます。

衿をひっぱるしぐさは、こうした不快感をなくそうとする行為であり、嘘がばれるのではないかという不安な気持ちが背後には存在します。

相手が話しながら衿をひっぱる動作を見せたら、すかさず「あの、今のお話をもう一度聞かせてください」とか「そこのところを、くわしく説明してもらえますか?」と話しかけよう。

こうすれば、嘘をつこうとしていた彼女も出鼻をくじかれることになるでしょう。

 

質問攻めでは無く、自然な形で攻めましょう

いかがだったでしょうか。

あなた自身が間違ったはいけないポイントとしては、彼女に対して取り調べをするような質問攻めの行動を避けるということです。

女性は勘が鋭い一面を持っていますから、このような行動を起こしてしまうと、きっと彼女に勘繰られてしまうでしょう。

特に、嘘をついていた場合は疑い深く、そして慎重になっている可能性も高いので、彼女とはいつもと変わりない会話から、急な質問を1つしてみるなどして、彼女の細かなしぐさに注目してみるといいでしょう。

また、「手のポーズで分かる心理や意味7選」もセットで読んでみましょう。

こちらもセットで読むことで、さらに嘘かどうかを見破る力が付くはずです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP