既読無視をする男性心理10選から本心を見抜け!

今では通信手段として普通に用いられているlineですが、完全にlineにハマって、これがないと生きていけない!という女性も多くなっています。

しかしながら、lineには既読をした跡が残るので、既読無視をされてどうしたらいいのか分からないと、頭を悩ませている人も多くいるでしょう。

そして、既読無視をされた=嫌われたのか?という恐怖心に怯えている人も多いはずです。

今回の記事では、そんな既読無視をする男性心理10選をお伝えしていき、男性の本心を暴いていこうと思います。

スポンサードリンク

単純に忙しい

既読無視をする男性心理の1つ目は、既読はしたものの、忙しくて手が離せないというケースが考えられます。

このような場合は彼が悪いわけではありません。

仕事を優先している可能性も考えられますし、勉強や家事を手伝っている可能性だって考えられるのです。

一日くらい帰ってこなかったくらいなら、心配せずにとりあえず気長に待っておく必要があります。

 

駆け引きをしている

既読無視をすることにより、相手をじらしたり、自分に意識をより強く向かせようとする男性心理も考えられます。

あまり自分が必死になりすぎてもいけないので、自分を制御するためにも、このような駆け引きをしようとするのです。

もちろん駆け引きは失敗に終わることもありますが、失敗してもいつも通りに連絡を取り合えばいいだけの話しですので、このテクニックを使う男性は案外多いです。

 

返信にルーズ

とにかくお金にも時間にもルーズな男性ほど、返信にもルーズであり、平気で既読無視をしたりもします。

こういったタイプの場合は、女に関してもルーズであることが多いので、遊び人である可能性が非常に高いです。

ルーズな男の心理には、自分が待ちたくないという心理が強く働いているので、相手を待たせるのは平気ですが、自分が待つのは大っ嫌いという特徴がみられます。

ですから既読無視をすることは平気ですが、無視をされることを心の底から嫌っているケースが非常に目立ちます。

スポンサードリンク

時間をかけて返事を考えている

既読無視をしているわけではなく、ただ相手にどう返事を返そうか考えているという可能性も考えられます。

男性心理として、あまり言葉達者なわけではありませんから、どうしたら相手に良いように伝えられるかな?と考えて、じっくり返信をするといった場合です。

特に脈ありな相手の場合はより慎重になりますし、異性との連絡になれていない人の場合は、どう返せばいいのか変に真面目になってしまいます。

こちらも忙しいと同じく、そのうち返信が来るので、全く焦る必要はありません。

 

やりとりを終わらせたい

稀にやりとりを永遠と続かせる人がいますが、こういった人には既読無視をして、やりとりを終わらせるしか方法はありません。

特に脈ありであった場合は、lineを続かせる工夫をする人も多いと思いますが、逆にその努力があだとなる場合もあるのです。

おやすみというタイミングで違う話題に切り替えたり、また連絡するというタイミングで違う話題に触れるようなことをしている場合は、この可能性を疑いましょう。

 

自己中心的な考え

自己中心的な考えから既読無視をすることも多く、自己中心的な男の心理には、以下のような特徴がみられます。

自分が寂しい都合のいい時だけ連絡をしてくる。

しかし、自分が満足いくと平気で既読無視をしてくる。

上記のような行動パターンに当てはまっている場合は、自己中心的な考えを持った人物だということになります。

 

関わりたくない

既読無視の男性心理には、これ以上関わりたくないから既読無視をするというケースもあります。

関わりたくないと思われていた場合は、諦めるしかありません。

しつこく既読無視を責めるのもあまりよくないでしょうし、そんなことをすればさらに印象を悪くします。

相手には相手の生活ペースというものもありますから、それを乱さない程度で連絡をするという心がけが大事です。

 

めんどくさい

ただめんどくさいから既読無視をすることは、あなたにも経験があるはずです。

特に男性が気分屋だった場合は、気分がすぐれないときはlineを続けたいとは思いません。

さらに、めんどくさいという理由で既読無視をされていたのであれば、残念ながら脈なしの可能性がグッと高まります。

脈あり女性だった場合は、逆に既読無視されるのが怖いので、めんどくさいという感情を抱きにくくなるからです。

 

すぐに返信しなくてもいい内容

また既読無視をする男性心理には、その内容が緊急でないということがあげられます。

こちらは仕事やもしくは勉強で忙しいのに、すぐに返信する理由も無いような内容だったら、後からでもいいだろうと考えているケースです。

そんな内容のlineの場合は、あなたも少し時間の余裕を持って返信を待ちましょう。

自分にとっては緊急でも、相手にとっては緊急ではない場合もあります。

本当に緊急なのであれば、lineではなくて直接電話でやりとりするほうが良いでしょう。

 

価値観が違う

lineに対する価値観の違いにより、既読無視をするといったことも考えられます。

男性の中では、lineでの連絡のやりとりはそれほど大事ではなく、ただの暇つぶし程度と考えている場合が、このケースに当てはまります。

ですから意味のないlineを永遠と続けることに意味を感じておらず、簡単に既読無視をしてしまうというわけです。

決して本人に悪気があるわけではありませんが、価値観の違いから、相手に理解されないことも多いでしょう。

 

既読無視にはいろんな可能性が考えられます

いかがだったでしょうか。

このように、既読無視をする男性心理は様々ですが、男性は女性より細やかでないことは確かです。

嫌いで関わりたくない場合は、lineを完全無視するという選択肢をとる人が多いでしょうから、一日くらい返信がないくらいで嫌われたなんて悲観的になる必要はありません。

相手には相手のプライベートな時間がありますから、その中でlineを返してくれている、という現実を分かってあげなければいけません。

また、「男女の明確な違い・考え方21選」もセットで読んでみましょう。

男性が理解できない女性の考えを知ることにより、より既読無視されにくい考えを持つことができるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP