心を励ます言葉~効果的な対処法10選

心を励ます言葉といえば、あなたはどのような言葉を想像するでしょうか。

あなたにとって大事な人が悩んだり、落ち込んだりする時に、どうにかしようとこの1ページにたどり着いたあなたは、心が優しくて相手を思う気持ちをしっかりと持っている人だといえます。

そんな心優しいあなたに、心を励ます言葉~効果的な対処法10選をお伝えし、一日でも早く元気になってもらえるように今すぐ実践してみましょう。

スポンサードリンク

心を励ます言葉~心にグッとくる言葉10選

まずは、心を励ます言葉~心にグッとくる言葉を10選にまとめておきます。

1.大丈夫

2.その気持ち分かる

3.よく頑張った

4.悲しい時は泣けばいい

5.いつでも味方でいる

6.あなたは愛されている

7.話してくれてありがとう

8.もっと気楽に生きて良いんだよ

9.さあ、今日も自分らしく生きよう

10.全ては上手くいく

スポンサードリンク

効果的な対処法

否定的な考え方を受け入れよう

さてここからは、励ましたい人への効果的な対処法についてお伝えしていきます。

まずは、否定的な考えを受け入れてあげることが大事です。

落ち込んだり悩んだりしている時というのは、人はどうしてもネガティブ思考に走りがちであり、ポジティブに物事を考えることができません。

ですから、ネガティブ思考もしっかりと受け入れてあげることが大事であり、決してネガティブ思考を否定して、無理矢理ポジティブ思考に変えようとする行動はしてはいけません。

 

恐怖に対抗するように応援しよう

励ましの言葉が欲しい時というのは、恐怖心に打ち勝てない自分がいる時であり、よく恐怖心に打ち勝つようにと心強い一言を言う人がいます。

そうではなく、恐怖の連鎖を断ち切れるような応援をしてあげましょう。

その悩みや恐怖心に今回は負けてもいいけれど、悩みや恐怖心に飲み込まれて自暴自棄にならないように!というような、恐怖心に負けても、自分自身には負けるなという応援の仕方がベストです。

 

テンションは合わせましょう

テンションはもちろんのこと、声のトーンなども低めで話しかけてあげる方が、より効果を増します。

声のトーンを下げることで、真剣さを出すことができ、さらにテンションを合わせることで、相手に共感されているという安心感を与えることができます。

間違っても、ハイテンションで接するようなことはしないように。

 

共感できる瞬間を作り出そう

共感できる瞬間を作り出すためには、音楽や映画が非常に効果的です。

音楽であれば前向きになれる曲が効果的であり、映画でも未来は明るいと感じさせる映画が効果的とされています。

何も励ますことをあなたの力だけで解決するのではなく、身近にあるたくさんの物を利用することができれば、あなた自身も疲れずに気楽に相手を励ますことができます。

 

ほっとする瞬間を与えてあげましょう

話を聞くことに徹することはいいことですが、ある程度相手の心が落ち着いてきたところで、一人でほっとできる時間を与えてあげましょう。

コーヒーを作ってあげるのもいいですし、一人でテレビに集中しているふりをするのもいいでしょう。

ほっとする瞬間を与えるということは、相手にとって冷静になる瞬間を作り出すという効果が期待できます。

冷静になってみると、ネガティブ思考になる必要がないということに気づき、相手は元気を出す可能性が考えられます。

 

絶対にしてはいけない対処法

決して過小評価しないように

落ち込んでいる時というのは、あなたにとってはそれほどショックに感じないことでも、本人にとってはかなりの心にダメージを受けている可能性が考えられます。

ですからまずは、間違えても過小評価をしてはいけません。

 

無理に頑張りすぎてはいけません

励まそうとあなた自身が頑張りすぎると、相手は罪悪感を抱いてしまうことがあります。

そうなってしまえば、再びあなたを頼ろうとはせずに、自分一人の力でどうにかしようとする可能性が出てきます。

相手の為にという精神を見せつけることは悪くありませんが、必死になり過ぎずに、ある程度自分は心に余裕があるという態度で接する必要があります。

 

自分を責めてはいけません

例え相手を上手に励ますことができなかったとしても、決して自分を責めてはいけません。

そうした気持ちを持ってしまえば、行動や言動に伝わり、相手に感じとられてしまう可能性があるからです。

上手に励ませなかったことを謝るのであれば、上手に励ませない自分でもこんなに希望に溢れているという姿を見せてあげた方が、相手の心の闇も晴れるはずです。

 

適当な発言は感づかれます

そんなこともあるよ。とか、大丈夫大丈夫!という発言は、共感しているから大丈夫でしょ?と思う人もいるかもしれませんが、言葉の1つ1つに心がこもっていないと、感づかれてしまいます。

ですから適当に勇気が出そうな言葉を並べているだけでは、相手の心にグッとくる言葉をかけてあげることはできないのです。

ただ単に、この発言は心にグッとくるだろうという安易な考えでは、逆に相手の信頼を失ってしまうだけです。

 

自分ならできると信じましょう

いかがだったでしょうか。

最後に大事なことは、自分なら必ず励ますことができると、自分自身を信じることです。

必ず自分ならできると心に言い聞かせることで、それは強い自分を作り出すことに効果的であり、強い決心を抱かせてくれるきっかけともなります。

励ます言葉はそれほど大事であり、勇気と決心が必要なのです。

また、「現実逃避したい原因や心理状況6つ」もセットで読んでみましょう。

励ましの言葉が欲しい人というのは、現実逃避をしたいと思う瞬間がありますので、このような心理状況を知ることで、より相手に共感できる確率を高めることができます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP