彼氏を傷つけた・泣かせたあなたが知るべき3つの事実

彼氏を傷つけた、または泣かせてしまったと罪悪感に浸り、少し後悔しているあなたは、男心をもう少し知る必要があります。

それは何も彼の為だけでなく、あなた方カップルがより幸せにこれからを過ごしてしく為にも、男心というものをもう少し知る必要があるのです。

基本的に女性は勘違いしていることが多く、おそらく今からご紹介する男の真実を知れば、驚く方も多いでしょう。

実は男というのはあなたが思う以上に強い生き物では無く、女性の方が強い生き物だったりもするのです。

そんな彼氏を傷つけた・泣かせたあなたが知るべき真実について、3つの驚きの真実をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

「女は強く、男は弱い」という真実

女性が不幸になると、大多数の男性は、自分の言葉や行動が原因ではないかと思いがちです。

セックスがうまくいかないと、彼は「彼女を感じさせられなかった」と思うのです。

ごく自然に話したりふるまったりして、それで彼女を傷つけてしまったことを知ったら、彼は「情けなさ」を覚えます。

それは男性にとっては、大きな負担なのです。

逆に男性が一番よい反応を見せるのは、女性がさばさばとギブアンドテイクという心で、優しく注意してくれた時です。

自分が暴君だとか無神経だとか、罪悪感を誘うようなことを言われることに、実は男性は大きく傷ついています。

きっとそういうことが大きな原因となって、男性は寡黙になるのでしょう。

 

女性は男性が思うよりはるかに強いもの。

そして同じように、男性は見かけよりはるかに傷つきやすく弱いものです。

この証拠に、二人の関係が終わってから、「弱い」はずの女性のほうが「強い」男性よりも、はるかにスムーズに新生活をスタートさせます。

このような男女一般に関する認識の誤りが、彼氏の強さを錯覚させる原因となるのです。

そのために男女関係では責任を同等に分かちあう友情は育まれないのです。

 

このような事の多くは、残念なことに、男女が対立するようになってから、真実が浮き彫りになります。

別れる決心がつかないと、女性はその強さや自立性、強引さを前面に出して主張しようとはしません。

一方、男性は捨てられるまで、自分の傷つきやすさや依存しがちな傾向、恐怖を感じることはありません。

ですから彼を傷つけてしまった現在、おそらく彼は捨てられるかもしれない、または離れてしまうかもしれないという恐怖心と戦っているはずです。

これからも彼との関係を維持していきたいのであれば、まずは傷つけてしまったことに深く反省をし、直接口で謝りましょう。

そして男性はプライドが高い生き物なので、傷つけたことや泣かしたことについて、この先触れてはいけません。

スポンサードリンク

男は認められたい生き物

さらに男性は認められたい生き物です。

最近では女性の社会進出も進んできたので、女性にも比較的見られる割合が多きなってきていますが、男性は昔から外の世界で戦い、出世や稼ぎを争っています。

そんな男性が唯一心安らげる場所、それこそが彼女という心許せる存在なのです。

ですから彼女のもとでは彼は認められ、褒められたいと思っています。

普段は褒められることが少ない男性ですので、愛する彼女に認められ、褒められることに大きな喜びを感じます。

 

しかしながら、彼を傷つけてしまった、または泣かせてしまったあなたは、そんな彼の心のよりどころを無くしてしまったのです。

もちろん傷つけたり泣かせたりしたことには、それなりの原因や理由が存在するでしょう。

あなたが全て悪いといっている訳では無く、心のよりどころを無くしてしまった彼に、もう一度心のよりどころを分からせる必要があります。

ここでもしも彼が、他の女性に心のよりどころを感じていたのであれば、それは浮気の前兆です。

彼を取られないようにするためにも、まずはあなたから心を許し、「胸に飛び込んできなさい」と言うような態度で、今まで彼にもらってきた優しさや愛を与え返す必要があります。

 

不安にさせてはいけない

傷つけてしまった、あるいは泣かせてしまった彼を、これ以上不安にさせてはいけません。

これ以上不安にさせてしまうと、彼の中でこの出来事がトラウマとなってしまい、自信を無くしてしまいます。

自信を無くせば、今までの魅力はどんどんと薄れていき、束縛が激しい男になったり、暴力的、または暴言的な行動に移ってしまう可能性が高まります。

彼を傷つけてしまった、または泣かせてしまったのであれば、彼が不安な状態に陥った時には、常に傍で黙って見守ってあげる関係を心がけるようにしてみましょう。

そうすることで、彼の中のトラウマを無くすことが可能になります。

 

そもそも彼の中であなたに対するトラウマが生まれてしまえば、関係など長続きするはずがないのです。

なぜなら心から信頼を寄せあう恋人同士が、片方が信頼していない関係など、続くと思いますか。

それは彼にとっては上辺だけの関係であり、心から愛し合っているカップルとは到底言えないのです。

 

自信を再び与えよう

いかがだったでしょうか。

傷ついた彼に再び自信を与えることができるのは、あなたしかいません。

彼は自分のことを情けなく思ったり、自分という魅力が分からなくなったりしているでしょう。

ですから再び彼に自信を与えてあげてください。

そして持ちつ持たれつの関係を意識し、誰よりも愛が深いカップルを目指してみましょう。

また、「彼氏が本音を言わない理由と対処法4パターン」もセットで読んでみましょう。

このような出来事が起こってしまった場合、高確率で彼は本音を言わなくなってしまいます。

そんな彼への対処法も知っておきましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP