失敗は成功のもとでも、成長する人としない人の違いは?

失敗は成功のもとということわざがありますが、意味は【失敗したとしてもその原因を追及したり、経験を積むことで成功に近づく】という意味です。

確かにその通りであり、あのapple社の創設者で有名なスティーブ・ジョブズでさえも、会社の設立当初は失敗だらけだったそうです。

今テレビで活躍している芸能人を見ていても、彼らは必ず下積み時代という苦しい時代を経験しています。

ですがここで一つの疑問が浮かぶ人もいるでしょう。

人生とは失敗の連続なのに、なぜ同じ失敗を繰り返してしまう人が多いのでしょうか?

今回はそんな疑問さえも解決できる、失敗は成功のもとでも、成長する人としない人の違いについてご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

失敗は成功ヘ導く良き友です

人生に失敗はつきものである。

仕事上の失敗や、友情の失敗、恋人との付き合いの失敗、考えてみると、毎日が失敗の連続なのではないでしょうか。

しかし些細な失敗でも、本人の捉え方一つでひどく自信をなくしたりする。

思えば誰でも子供の頃は、誰でも失敗するのが当たり前だった。

本人はもちろん、周囲の大人や子供もそれを認識していたから、誰も失敗とは思わない。

笑ってすませてしまったり、それを糧に次は失敗しないようにと、頑張ったものです。

ところが成長するに従って、人は失敗に対して神経質になっていくのです。

失敗してはいけないという思いが最初にあるから、必要以上にそれに反応してしまうのだ。

しかし、「失敗は成功の母である」という言葉もあるように、年齢に関係なく、失敗は常に成功への道となるものです。

スポンサードリンク

こんな考え方ではいつまでも成長できない

ただしそれを自覚できなければ、成功へはつながらない。

失敗を悔やんでいるだけでは、積極的な思考も持てず、次の行動にも移れない。

現状に立ち止まって、悔恨や不満、愚痴をこぼすだけになる。

そしていつのまにか失敗が劣等感として心の中に定着してしまうのです。

エリート街道をまっしぐらに進んできた人ほど、些細な失敗で挫折しがちである。

これも、失敗に対する抵抗力を持っていないからなのではないでしょうか。

「初めてのスピーチに失敗したことが、私の講演家としての成功につながった」と言ったのは、講演家として名高いアメリカのH・シャーマンである。

アメリカでは有名な彼ですが、そんな彼も一番最初のスピーチは評判は悪かったと自ら発言しています。

しかし、彼はこれを失敗のまま終わらせず、反対に積極的に人前で話す機会をつくった。

その結果、講演家として成功したのです。

失敗の経験はその後の本人の姿勢次第で、挫折への抵抗力とやる気を育ててくれる。

やはり成功の母なのである。

劣等感も失敗と同じで、劣等感を克服したナポレオンから「ナポレオン・コンプレックス」という言葉が生まれたのです。

 

成長しない人は、そもそも続けることが苦手

失敗は成功のもとという言葉のそもそもの意味を考えてみると、そもそも成功するには続けないと話にならないわけです。

スポーツのプロ選手にしても、売れっ子芸能人にしても、大手会社の社長にしてもみな同じであります。

成長できる人は皆嫌な事から逃げずに、努力を続ける続けることが出来た人ばかりです。

逆に失敗だらけで一向に成長しない人ほど、努力が嫌いで言い訳ばかり、何をするにも中途半端な人が多いのではないでしょうか。

もちろん失敗をすることで経験を積めるわけですが、続かない人はそんな経験を活かすチャンスすら来ない状況で諦めてしまう人がほとんどです。

恋愛にしても過去に裏切られたからといって、いつまでも臆病のままではいけません。

こういった場合は逆に半信半疑でもいいので、新たな恋愛をすることでトラウマが払拭される場合が多いのです。

 

失敗ばかりの人はデメリットを考えない

投資に失敗してしまう人やギャンブルでいつも負けてしまう人、または人間関係がいつもうまくいかない人や恋人にいつも振られる人も同じです。

こういった人はデメリットを考えずに行動してしまっている場合がほとんどで、いわばメリット以外考えない人であります。

失敗は成功のもとで成長する人というのは、過去の経験や原因を活かしてデメリットをしっかりと考えることができる人なのです。

うまい話には裏があるといいますが、まさに失敗ばかりの人は裏を考える力が乏しい人ともいえるでしょう。

自分の都合のいいようにばかり考えるのではなく、時には現実を見る事も人生には必要です。

 

逃げないでチャレンジしよう

失敗は成功のもとなのですから、逃げずにどんどんと興味があることにはチャレンジしていきましょう。

臆病な選択ばかりしているあなた。

人生を謳歌と自分で胸を張って言えそうですか?

始めから上手くい人なんていないのです。

上手くいかない人生だからこそ面白いのであり、上手くいってばかりの人生なら、恋愛も仕事も人付き合いも、全てがやりがいの無いものになってしまうでしょう。

そして、もしもそんな世界が存在するのであれば、努力という言葉は存在しないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP