感じのいい人の共通点の7つ

感じのいい人と言われれば、あなたはどのような人を想像しますか?

実は感じのいい人というのは、必ず共通点が存在します。

人には気が弱いや気が強いなど、いろんな性格のタイプに分かれますが、一体どんな性格のタイプが最も感じのいい人に近いのでしょうか?

そんな共通点について、これから詳しくご紹介するとしましょう。

スポンサードリンク

感じのいい人とは、どのような人でしょうか?

心臓に毛が生えている、という言葉があります。

厚かましい人も、あちこちで見かける。

厚かましい人というのは、感じのいい人とは無縁のように思えますが、反対にやたらと傷つきやすい人も困りものです。

例えば、マンションの隣りの部屋に風鈴がついていたとしましょう。

風の強い日が続き、これがうるさくて眠れない。

こんなとき、「悪いんだけど、最近風が強いのでしばらく風鈴おろしていただけないかしら」といったとしよう。

厚かましい人は、「あらそう。悪かったわね」といったままおろさない。

「何よ感じが悪い。風鈴くらいでうるさいわね。絶対おろしてやるもんか」とじゃらんじゃらんと風鈴を鳴らしっぱなし。

隣りの人が眠れなかろうが迷惑しようが、おかまいなしです。

そういう厚かましい人も世の中には存在します。

スポンサードリンク

では、傷つきやすい人はどんなリアクションをするのか?

一方で傷つきやすい人は、風鈴ひとつくらいのことで、 この世の終わりかというほど恐れていってしまう。

「すみません、すみません、ご迷惑おかけして…」とひら謝まり。

実はこうなっては謝られている方が困るのです。

「いえ別にいいんですよ、そんなたいしたことじゃないんですから」というのですが、相手はそんな簡単なことではすまない。

そして「お隣りの人に『うるさい』といわれた。私のことを勝手な人間と思ってるんだわ。嫌われた。人間って、どうしてもっと仲良くやっていけないのかしら。もうこんなの嫌」と閉じこもってしまう。

翌日あいさっしても、表情がぎこちない。

すっかり傷ついてしまっている。

これではこちらも、うかつにものがいえない。

傷つきやすい人というのは、相手からすれば常に気を使わなくてはいけません。

何に傷つくか、わかったものではないからです。

 

さて、感じのよい人はどうでしょうか?

「あら、ごめんなさいね!気がつかなかったわ。そうね。最近風が強いもの、うるさかったでしょう、すぐおろすわ」と、笑っていえる人。

これが一番感じがよいのではないでしょうか。

お互いにきわやかに言いたいことが言えて、素直に受けとめて、直すところは直せばよい。

人と人というのは、そうしたものではないでしょうか。

 

そんな感じのいい人に共通する7つとは?

感じのいい人の共通点の7つとは、主に以下のような共通点がある人と言われています。

1.初対面でマナーがある人

・年上であろうが年下であろうが、しっかりと初対面の人には敬語が使える。

・挨拶やありがとうの一言が言える。

2.自然な笑顔ができる人

・作り笑顔は相手にばれる。

・自然と顔がグシャッとなるくらいの笑顔ができる人。

3.上から目線で物事を言わない

・人のことを見下していない。

・自分が偉いと勘違いしていない

4.人を助けることができる人

・体調が悪い人には配慮ができる。

・困った人には積極的に声をかけることができる。

5.清潔感がある

・服装が派手すぎない。

・髪型を常に綺麗にしている人。

6.感情のコントロール上手

・楽しい時には思いっきり笑える。

・真剣な時には真剣に物事に取り組める。

7.共感できる

・人の痛みに共感しようと努力する

・自分の意見を押し付けない

以上の7つが、感じがいい人の共通点の7つになります。

あなたは上記のうち、いくつの項目が当てはまっていたでしょうか?

3つ以上が当てはまっている人というのは、比較的に人がよってきやすい人の特徴なようです。

 

感じのいい人は得することが多い

感じのいい人ほど得することが多いと言われると、どこか納得する人は多いのではないでしょうか。

これは確かにその通りであり、感じのいい人ほど人から信頼されやすい人でもあります。

例えば、感じいい人は誕生日に祝ってくれる人も多いでしょう。

長い目で見ても、信頼してくれる友達も多いはずです。

逆に感じがよくない人はどうでしょうか。

ろくに中身も知らないのに、感じがよくなかったことを理由に、変な噂をたてられることもあるでしょう。

感じのいい人というのは、人間関係においては圧倒的に得することが多いようにも思えます。

もちろん、感じがよくない人も第一印象がよくないだけであり、仲のいい友人はその人のいい部分を知ってくれているはずです。

しかし、上部だけの付き合いも合わせると、圧倒的に感じのいい人が得することが多いのは確かなのです。

そんな感じがいい人と感じがよくない人、あなたならどちらの人間になりたいですか?

また、「一緒にいたい人と一緒にいたくない人の違い」もセットで読んでみましょう。

感じがいい人ほど一緒にいたい人という理由が分かるはずです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP