しつこい男が気持ち悪いと嫌われる理由

”しつこい男は女に嫌われる”という言葉は、昔からずっと言われている言葉であり、女性はしつこい男性を嫌います。

しかし不思議なことに、フランス人やイタリア人は猛烈なアタックの末、女性にしつこいと思われずに口説くことができてしまいます。

そもそも女性が思うしつこい男性とは、どのような男性の行動を具体的に言っているのでしょうか?

今回はそんなしつこい男に関して、気持ち悪いと嫌われる男と、全く嫌われない男の違いについて、詳しくご紹介用と思います。

スポンサードリンク

「しつこい男」が気持ち悪いと嫌われる理由

 

好きな人、好きな物、好きな趣味、あるいは好きな仕事…

自分が求めるものに、臆することなくぶつかっていくのは悪いことではありません。

結果はどうあれ、やるだけやったのだからと、気持ちもすっきりすることでしょう。

これが「臆する」ながら、おどおどした気持ちでは「いい結果」は出ず、しかも後々まで悔いを残すことになりかねません。

 

たとえば、ピアノが好きでたまらない人がいる。

一日十時間以上も練習し、手首を痛めても治療しながらつづける。

日本ではものたりなくなり、海外に留学してでも一流になろうと決心する。

その結果、一流のピアニストになれなかったにしても、若いときに「好きな道」で懸命にやったという過去が、その人の一生の支えになります。

 

大人になっても、仮面ライダーやウルトラマンが好きでたまらないという人がいます。

コレクションはもとより、本物に会いたい、自分でテレビ番組を作ってみたいと願い、テレビ局や制作会社に入る。

あまりに子供じみた就職志望にあきれる人がいるかもしれませんが、その人なりの筋は通っています。

「好きなこと」で、自分の人生をつくってゆくことは幸福の素でしょう。

スポンサードリンク

ところが恋愛は大違い…

 

ところが恋愛においては、この「法則」が当てはまらないので困りものです。

私の若い知人は、ある女性に片思いをしています。

彼女に好かれようと、最新のデートスポットを調べ、ありとあらゆる方法でデートに誘いますが、いつも断られる。

仕事や趣味なら、自分しだいで何とかなりますが、人間相手の場合はここからが難しいところです。

 

結婚にまつわる話では、「彼ががまん強く口説きつづけてくれたから、その気持ちがだんだん伝わってきて」ということもあれば、「彼の強引きに引かれました」ということもある。

しかし、その一方で「嫌いなタイプはしつこい男」であると、女性たちは言います。

ここが、わが知人も頭を抱えるところで、男性からすれば、「受け入れられるしつこさ」とは、どういうものなのかが分からない。

 

しかし、これだけは言えます。

「好きな仕事」のように、懸命にやらなければならないところで怠け、借金を頼むときだけは懸命に粘るような人は、「受け入れられないしつこさ」なのではないでしょうか。

女性は、このあたりの「しつこさの違い」が、よく見えているのです。

好きなことに懸命に取り組む「しつこさ」こそ、女性が「求める人」なのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP