損得勘定で動く人の性格と心理

損得勘定で動く人ほど、欲が強い人といえます。

また、損得勘定が強い人ほど、うつ病にもなりやすいというデータがあります。

これは、損したと考えれば考えるほど、人間はくよくよしてしまうからです。

 

さて、豆知識はこれくらいにしておいて、今回は損得勘定で動く人の性格と心理に関して、ご紹介していこうと思います。

最初に言っておきます。

損得勘定で動いていると、長い目で見ると損することは多いですよ。

スポンサードリンク

「損か得か」を考えれば、いつも損をする

 

はつらつと生きていこうと思ったら、いちいち「損か得か」などと考えない方が人生お得です。

そんな考えにとらわれていると、「小さな損」が気になって、いつも損ばかりしているような気持ちになるからです。

ここが人の心理のおもしろいところで、得したことについては、「ああ、よかったよかった」と喜んで終わるから、後を引くことはない。

ところが、損したことについては、いつまでも「ああ、もったいないことをした」と悔しいのです。

 

これは当然、後々にも影響してきます。

なにかの拍子にふと思い出しては、「ああ、あれがなあ」とくよくよする。

「損か得か」を眺めれば十分に得をしているのに、気分は損をしているのです。

 

私は、ギャンブルや株などの賭け事が苦手なのでしないですが、株好きな友人が私に言うことはいつもこんな感じです。

「OO株を買ったら、これがぐんぐん上がって」と、うれしそうな表情。

そりゃよかったね!といったら、「ああ、こんなに上がるなら、あっちの資金をこっちに回しておけばよかった。そうすれば、もっと儲けていたのに。ああ、儲け損なった、惜しいことをした…」と、悔しがっています。

 

これは賭け事をしない私からすると、妙な話です。

もう十分だろう…といいたくなる。

スポンサードリンク

ある小学校の学芸会でも同じことが言えます。

合奏隊のメンバーを決める段になって、先生が生徒に、ピアノ担当の希望者を募ったという。

ピアノは合奏隊の「花」でもあるから、人気も高い。

十人ぐらいの生徒が手を挙げたそうですが、ある女の子は挙手しなかった。

 

この子も、小さいときから、「ピアノのけいこ」をしていたのですが、学芸会では笛をやりたかったらしいのです。

家に帰って、このことを母親にいったら、「バカね。損するじゃないの!もっと自分をアピールしなきゃ、これからの一生、ずっと損しつづけるわよ。損するのは、あなたなのよ」と、怒り、一人でイライラしていたらしいのです。

 

これを器の大きい人間が聞いた場合は、いいではないかと言うでしょう。

また、私から言わせてもらえば、学芸会の「花」になることよりも、「笛をやってみたい」という女の子の気持ちのほうが豊かであり、長い目で見れば、得をするような気がします。

損得で物事を決めつけない、立派な娘になってくれるような気もします。

 

なにが言いたいかといいますと、いちいち「損か得か」にこだわっている人の心には「豊かさ」が育たないのです。

それに、そのイライラがそもそも「損の始まり」になっているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP