ありがた迷惑な人と気の利く人の違い

自分は親切なつもりでしているのに、相手からとればいい迷惑。

これはまさに、ありがた迷惑の典型的な行動の特徴です。

逆に、同じく親切なつもりでしていても、気の利く人だなと思われる人もいます。

この二つの違いとは、いったいどのような部分が違うというのでしょうか?

今回はそんな、ありがた迷惑な人と気の利く人の違いについて、ご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

ありがた迷惑な人はある意味「口うるさい」

 

どんなささいなことにでも、非常に親切な人がいます。

例えば、隣りの席の同僚のデスクの上に置いてある一本のベン。

デスクの端のほうに寄っていて、今にも落ちそうです。

すかさずに「OOさん、ベンが落ちそうですよ。ほら!もうちょっと真ん中に置いたら?」と教えてくれる。

 

また、昼休み、お茶をいれてお盆で持っていく途中、「あらあら、こぼれそうじゃない?もうひとつ大きめのお盆があったでしょう」と注意してくれる。

はたまた、「靴ひもがほどけそうだよ。これはひもが長過ぎる。少し切るか。二回結んでおけば?」

 

これらは確かに親切です。

しかし思うのですが、ペンの一本くらい、デスクから落ちてもいいのではないでしょうか。

お茶がこぼれたら、本人が入れ直すのではないでしょうか。

 

それがめんどうなら「今度は二回に分けて運ほう」とか、本人も考え直すことでしょう。

靴ひもにいたっては、子どもではないのだから、少々不便そうでも、本人の好きなように結ばせてやってほしい。

スポンサードリンク

他人のしているささいなことに「こうすればいいのよ」と口にする。

これは偏見かもしれませんが、どうも女の人に多いような気がします。

母性本能という女性ならではの本能です。

細かいことにいろいろ気づいてしまい、気づけば口にせずにいられないのでしょう。

 

たいていの大人は、黙ってこれにつきあっています。

「ああ、ありがとうございます」と言いながらベンを机の真ん中に戻し、「そうですね、大きいお盆にしましょうか」と給湯室に戻る。

しかし、その親切な行為は、たいして 「ありがたい」と思われていないのかもしれません。

親切な人とは思われても、ありがた迷惑とも思われてしまうのです。

 

中には「やれやれ、いちいちうるさいなあ」と思う人もきっといます。

これを読んで「私もそういうところがあるかも」と思った人は要注意。

これからは、気づいたときに「ひと言少なく」を心がけ、どうでもいいことは黙っておこう。

ペンが落ちようと、靴ひもがほどけようと、世の中の大勢に影響はない。

そばにいる人は、あまりうるさくない方がずっとありがたいものなのです。

 

 

ありがた迷惑を抑えることができれば、「気の利く人に変身」

 

ありがた迷惑な人と気の利く人との違いは、簡単に言うと「やりすぎ」か「やりすぎではないか」という違いです。

先ほどもご紹介した通り、「どうでもいいこと」にまで口出しをしてしまう、ということも、もちろん関係します。

 

【ありがた迷惑な人を卒業して、気の利く人になりたい!】

そう思うのであれば、まずは「相手が困っている」ことになんでも口出しするのではなく、「相手の気持ちを読み取る」ことが大事です。

相手の気持ちを読み取るとは、「相手がどうしてほしいのか?」その気持ちを読み取ることです。

 

ここで注意しなければならないことは、相手の気持ちを読み取ったからといって、なんでもかんでも口出ししないことです。

これをしてしまっては、またまたありがた迷惑な人に逆戻りです。

たまに自分が親切心で助けてあげよう。

これくらいの気持ちで日々を過ごすことがコツです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP