偽装離婚や生活保護のメリットデメリット

偽装離婚や生活保護の数は年々増えており、不正がバレてしまった方も多く存在します。

今回はそんな偽装離婚や生活保護について。

メリットとデメリットのご紹介と、偽造は罪だという事を知ってもらおうと思います。

スポンサードリンク

まずは偽装離婚や不正な生活保護は罪だということを知る

 

つい最近、イヤな話を聞きました。

小学生の子どものいる夫婦が離婚した。

しかし、離婚は形だけで、家族でいっしょに暮らしているという。

それでは何のために離婚したのか。

 

離婚して、母親と子どもは母子家庭という形になった。

母親は仕事についていない。

すると、生活保護が受けられる。

つまり、お金をもらいたいがための「偽装離婚」というわけである。

周囲の人が「そんなやり方はよくない」と言っても「そんなのうちの勝手でしょ」と、生活保護を受けるのが当然の権利のように思っているらしい。

 

生活保護とは、本当に困った人を援助するためのシステムです。

事故や病気で働けなくなった人。お年寄りで仕事につけず、身よりもない人。障害を持って生まれてきた人。夫と突然死別したり離婚して、生活の糧が得られない人。

さざまな事情で生活する能力の足りない人を、社会が援助するのが福祉です。

スポンサードリンク

援助を受けるほうは、援助を受けながら、自分で生活していく道を探していかなければならない。

では、援助するのは誰か。

健康に働ける人が懸命に働いて、税金を払って、そこから福祉費が出ているのです。

 

子どものいる家庭は生活費も大変なことは間違いありません。

しかし、だからといって偽装離婚でお金をもらおうというのは「たかり」ではないでしょうか。

 

福祉費は、ありあまっているわけではありません。

無限に天から降ってくるわけでもない。

限りある大切な費用を、健康に働ける人が吸い取っていたら、本当に必要な人に十分にいき渡らない。

もらえるものは何でもしぼりとってやろう、たかってやろうという考えは卑しいものだ。

昔は、よくこういう人を「恥知らず」といったものです。

 

 

偽装離婚や生活保護のメリットデメリットは?

 

偽装離婚や生活保護のメリット

・不正の場合でも、一生ばれなければお金がもらい続けれる

・働かなくてもいい環境になる人もいる

・本当に生活保護が必要な人には、罪になることもなく、一定の資金を得れる

 

偽装離婚や生活保護のデメリット

・本当に離婚した場合は、慰謝料などの請求はできない

・生活保護の基準が改正された場合、生活保護を受けられなくなる可能性もある

・偽装結婚や生活保護の受給金額は、国が貧しくなるほど少なくなる

・不正だった場合は、「不正に自給した金額の全ての返金」や「裁判にかけられる」ことがあります

・不正自給している場合は、一生発覚を恐れながら生きていかなければいけません

 

このように、偽装離婚や生活保護にはメリットデメリットが存在します。

そもそも、不正自給という自覚がある方は、絶対にやめておきましょう。

悪いことはいつか必ずばれます。

 

また、ばれない人というのは、ほとんどが孤独な方です。

一生その秘密を守り続けて、不正発覚に対してびくびくしながら生きている人なのです。

楽をしたいのは人間の本望でしょうが、人生はそんなに甘くありません。

 

偽装離婚や生活保護の自給者が増加傾向になっているのにつれて、社会の目も厳しくなっていますから、どんどんと審査や不正に対する調査も厳しくなってくることでしょう。

つまり、未来を考えれば、偽装離婚や不正な生活保護はデメリットだらけということなのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP