崩壊する家庭と崩壊しない家庭の違い

家庭崩壊なんて言葉を聞くと、どこか暗い気持ちになってしまい、いいイメージをする人はいないでしょう。

今回はそんな家庭に関して、崩壊する家庭と崩壊しない家庭の違いとはどこにあるのか?

ここに関して、詳しくご紹介していく事にしたいと思います。

スポンサードリンク

崩壊する家庭と崩壊しない家庭。違いはどこにある?

 

崩壊する家庭と崩壊しない家庭の違いに関して、今から4つの違いをご紹介しようと思います。

さて、あなたはどちらに当てはまるのか?しっかりと自分の目で確認してみましょう。

 

1.子供がいないときの会話があるかどうか

重要なのは、子供がいる時だけでなく、子供がいないときに会話があるかどうかということです。

子供の前以外で会話の無い夫婦というのは、崩壊する家庭によく見られる傾向なので要注意が必要です。

 

2.ご飯は家族そろって食べているかどうか

ご飯は個々で食べているでしょうか?

それとも、家族全員でそろって食べているでしょうか?

個々で食べている家庭ほど、家庭内の会話が激減しているというデータがあり、離婚率も圧倒的に高くなっています。

皆で一緒に食べれるときは、できるだけ一緒に食べるようにしましょう。

 

3.育児は二人でできているか?

旦那が育児に参加しない家庭というのは、大体の場合が、子供が父親を嫌うか、妻が夫を嫌うかのどちらかのケースに当てはまるようです。

育児は二人で協力し合い、子供と一緒に大人も成長していくものです。

 

4.最近夫婦で一緒に笑った記憶ありますか?

家庭が崩壊した人達が声を揃えて言うことが、「最近笑っていない」ということです。

あなたは夫婦間で、最近笑いましたか?

もし笑った記憶がないのであれば、それは崩壊する家庭の危険性があります。

→夫婦仲が悪い原因と特徴

スポンサードリンク

崩壊するかしないかの違いは、「共存に耐える力」を家庭で養っていけるかどうか

 

家庭というのは「一緒にいることを共に耐える場」です。

「共存する力」ではなく、「共存に耐える力」を養っていく場所。

こんなことを言うと「ええーっ!」と驚く人がいるかもしれません。

 

家庭は安らぎの場、癒しの場と思っている人が多いことでしょう。

その考え方は、確かに間違っていません。

そこに帰ってくれば、家族の疲れが癒されます。

 

しかし、家庭の安らぎとは「僕が癒す人」「私が癒してもらう人」の世界でありません。

家族の皆が、がやがやしている中で生まれてくる空気、それが癒す力です。

いろいろな人がいて、ぶつかるときもあって、でもまた仲直りして、なんとか共存に耐えていく。

 

「おとうさんは、こういう人なんだからしかたないわね」

「全くおかあさんはいつもこれだ」と、ぶつぶつ文句を言いながら、なんとか付き合っていく。

そこに愛情が育っていき、安らぎが生まれてくるのです。

 

社会も同じです。

社会生活ができるということは、周囲の人たちとの共存に耐える力があるということ。

家族という最小単位の社会生活で、共存に耐える力を養っておかないことには、社会に出てから共存に耐えていけない。

 

家庭の癒しは、うとましさと表裏一体です。

いくら家族といっても、違う人が集まって生活をしているのだから、お互い「あいつはなんでこうなんだ」と思うことはあるでしょう。

その上、親戚付き合いだの、近所の付き合いだの、めんどうなことも多い。

逃れられないだけにうとましい。

 

しかし、このストレスとうまくつきあっていける力を身につけることが、生きていくということではないでしょうか。

最近、家族も人数が少なくなったし、親戚付き合いや近所付き合いも、昔に比べてずいぶん薄くなりました。

その分、共存に耐える力が低下しているのかもしれません。

 

そばにいて安らげるのは、やはり共存に耐える力のある人です。

こちらの欠点もちゃんとわかっているが、まあまあ許して付き合ってくれる。

こういう人となら、いつまでもそばにいられるはずです。

→夫婦関係破綻の条件は9つ!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP