孤独で寂しい辛い感情と向き合う方法

今とても孤独を感じている。

人間は孤独を感じると、寂しいや辛いという感情になりがちで、どこか鬱になったような気分にさえなります。

最近では孤独死する人も急増しており、この孤独死は老人に限らずになってしまったケースが発生しているので、若いからといって侮れません。

今回はそんな孤独で寂しい辛い感情と向き合う方法について、詳しくご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

まず初めに知っておこう!孤独で寂しいや辛いと思うのは、もしかして鬱病?

平成の世の中になり、鬱病(うつ病)という言葉をよくニュースなどで耳にするようになりました。

有名な芸能人の方が重い鬱病が原因で、芸能活動を長期休暇する、なんて例も実際に起こっており、本当に身近な精神病となりました。

さて、そんな鬱病の症状といえば皆さんもうご存知ですよね?

人によって症状は違ってきますが、主に「孤独感」や「辛い」と思い込んでしまう事です。

鬱病患者の方は、この思い込みを治していくために、カウンセラー治療をしてもらうというわけです。

では、孤独感を感じて、当サイトにたどり着いたあなたは鬱病なのか?

はっきりとした答えは出すことはできませんが、人間は誰でも孤独に感じることはあります。

自分だけ特別というわけではありませんので、そこはご安心ください。

もしこの症状が頻繁に訪れるようでしたら、一度精神外科などに通ってみましょう。

スポンサードリンク

次に知っておきたいこと。「孤独が好き」という人は、まだ本当の孤独を知らない

「孤独」と向き合う事について、皆さんはもっと真剣に考えて置くべきだと思います。

ひとりぼっちで寂しい感情や孤独感。

これは人間の最大のストレスであることは、以前ご紹介しました。

「そう?あたしは孤独が好きよ」という人がいるかもしれません。

しかし、それは孤独ではないのです。

正確に言えば、たまに「ひとりでいることが好き」なのです。

誰でも、ひとりの時間を持ちたいと思うことはあります。

人間関係のわずらわしさの中で、干渉されたり、無責任な好奇心から関心を持たれて探られたりしたとき、「余計なお世話だ」と言いたくなる。

こんな時に人間は、ひとりになりたいと思うのです。

しかし、それは孤独とは違います。

「孤独が好き」などというのは、求めさえすれば人と交わりが持てる人のセリフです。

くる日もくる日も、ひとりぼっちでいてみると人間はどうなると思いますか?

答えは、生きる気力も尽きてくるのです。

 

孤独で寂しい辛い感情と向き合う方法:結論を実在のエピソードを参考に紹介

これは実際にあったエピソードです。

ある老婦人が、ひとりで暮らしていました。

その人の環境というと、連れ添いに先立たれて三十年が経っていました。

「毎日、ひとりで生活していて寂しい」と若い知人にもらしたところ、こう言ったのです。

「ボクなんかうらやましいな、そんな生活。一度でいいから、毎日ひとりで生活してみたいですよ」

彼は、毎日職場に出社してわずらわしい人間関係があり、家に帰れば奥さんや子どもがいて、「ああ、ひとりになりたい」と思うのでしょう。

こんな発言をする彼は、本当の孤独を知らないのです。

普段はうとましく思っている家族が、どんなにありがたいものかが分かっていない。

またあるときは、その老婦人が別の知人に「最近は、うつ病のようなのです」ともらした。

すると、「あなたがうつ病ですって?全然そんなふうには見えないわ」と大笑いされ、ますます孤独感を深めたという。

 

このエピソードから私が伝えたいこと

1つの実話エピソードをご紹介しましたが、このエピソードをご紹介して、私が伝えたいことは以下のようなことです。

自分の「辛い」という気持ちを分かってくれる人がいる。

そういう人がいれば孤独は半減します。

何をしてくれなくてもいい。

たったひとりでも味方がいて、気持ちを共有してくれる人がいれば人は救われるのです。

あなたの周りにいる人の声に、耳を傾けてみてください。

→孤独死の原因|若者にも急増中の訳とは?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP