怒りっぽい人の心理と付き合い方

世の中には怒りっぽくて、冗談を言っただけでも怒ってしまう人がいます。

特に、プライドが高い人ほど冗談が通じず、すぐに怒ってしまいますよね。

今回はそんな怒りっぽい人に関して。

怒りっぽい人の心理と付き合い方をご紹介するとしましょう。

スポンサードリンク

怒りっぽい人のそばにずっといると、あなたの体に悪影響を及ぼす!?

 

怒りっぽい人は、そばにいてほしくない人のダントツ第一位と言っても過言では無いでしょう。

怒っている人のそばには「近寄りたくない」という気持ちは、古今東西共通のもので、新ためて説明するまでもない。

怒っている人のそばにいくと、何か空気がとげとげしく、ぴりぴりしているのです。

 

あれはいったいなんでしょうか?

人間は体から何かを発しているのではないでしょうか?

 

テレビの討論番組などで怒っている人もいます。

やはり、その人の周りの空気もぴりぴりしています。

そのぴりぴりが電波に乗って、見ている人もそれを感じ取って、知らず知らずのうちにぴりぴりしてしまうのでしょうか。

 

いつもこのような環境に身をさらしていたら、体にいいはずがありません。

皮膚の柔らかい人はトゲで傷つきやすい。

同じように、心の柔らかい人は悪影響を受けやすいのです。

スポンサードリンク

このトゲにやられないためには、皮膚をぶ厚くして防御するしかありません。

しかし、あまりぶ厚くしては、今度は心地よい刺激も感じ取りにくくなるというジレンマがうまれます。

心の方も、トゲから身を守ろうとするあまりに、感じ方が鈍感になってしまうというジレンマがうまれるのです。

 

誰でも、ときにはとげとげしいことがあります。

長い人生の中では、そういった場面に遭遇することもあるでしょう。

あなた自身も、たまにはとげとげしいことがあるのだから。

しかし、四六時中とげとげしい人のそばには、あまり寄らないのが賢明かもしれません。

 

 

じゃあ空気がまろやかな人はどうなの?

 

この反対に、そばにいくと空気がまろやかな人がいます。

にこにこしていて、なんとなく温かく、楽しい話をしてくれて、一緒にいると気分が軽く愉快になってくる。

なんとも心地よい空気を吹きこんでくれるような人です。

 

こういう人には、そばにいてほしいものです。

ただ、顔だけにこにこしても、こうはなりません。

やはり、心の底からまろやかな感じにならなければ、他人には伝わらないようです。

 

気分をまろやかにするには、その人なりに方法があります。

例えば、花を見るとまろやかになってくるとか、おいしいお茶を飲むとまろやかになってくるとか、体操をするとまろやかになるとか。

自分なりに、まろやかになる方法をいくつか見つけておくこと。

 

とげとげしくなっているときには、自分の気持ちがまろやかになる手段をとってみる。

とげとげしい人のそばに近寄ってしまったときも、すかさずまろになる手段をとる。

心がけてみよう。

 

自分なりの「心がまろやかになる方法」を身につけているということは、とても大切なことです。

それは、あなたの人生を支えてくれるものにもなる。

 

考えてみてほしい。

とげとげしくぴりぴりしている人には、誰も近寄りたいとは思わないことは、人類共通の法則です。

逆に、いつも「心がまろやか」な人には、自然に人が近寄ってくる。

その人に特技があるわけではなく、エライ人でもなく、話がおもしろい人でなくても。

それがどんなに「素敵なこと」であるのかは、 あえて言うまでもないでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP