世間知らずの克服方法

私は最近、世間知らずと周りから言われたのですが、どうすれば世間知らずって克服できるのでしょうか?

今回の記事では、世間知らずの克服方法に関して。

2つの方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

世間知らずの克服方法★その1.世間知らずに多いと言われる苦労知らずは、生きていくのは難しい

 

アメリカの有名な小説家のシンクレア・ルイスという偉人の、こんな名言をご存知でしょうか?

「人間には耐えられない侮辱がふたつある。ユーモアのセンスがないという断言と、苦労知らずだという断言だ」という名言です。

しかしここで疑問に思う事が、「なぜ、このふたつには耐えられないのでしょうか?」ということです。

実は、世間知らずに多いと言われる苦労知らずが、社会であまり好かれない理由がしっかりと存在するのです。

 

もしあなたが、あることで悩んでいたとしましょう。

それを五歳の子どもに聞いてもらおうと思うでしょうか?

五歳の子どもは、五歳の子どもなりに、あなたの心をなごませてくれる。

しかし、あなたの悩みを話したところで、わかってもらえるとは思えません。

 

これは、人生の経験の幅があまりにも違うからです。

結論を言えば、対等には話せないからなのです。

 

これと同じで、あまりにも苦労知らずの人とは、経験の幅が違い過ぎて、対等に話せないことがあります。

状況もわかってもらえないし、気持ちもわかってもらえない。

あまりにもおそまつで陳腐なことを言う。

スポンサードリンク

そのことを自覚してもらうためには、彼自身に経験を積んでもらうしかないわけで、そこで「キミは苦労知らずの人間だ」という断言が飛び出す。

そこで話は終わってしまう。

だからこそ、これは言われたほうにとってはつらい侮辱になるのです。

 

人間がそばにいてほしい人というのは、自分と同じ程度に苦労を経験している人であり、楽しく会話できる人。

そう思うと、苦労するのも悪くないのではないでしょうか?

わざわざ苦労したいという人はいないでしょうが、苦労知らずは決してうらやましいことでもないものです。

 

苦労を知っているほど、世間の厳しさや社会の厳しさを体で痛感している人。

世間知らずを克服したいのであれば、まずは嫌な事から逃げない、または嫌な事でもチャレンジすることです。

そしてその苦労を乗り越えることです。

長い目で見れば、苦労を知ることはとても大事な事なのです。

 

 

世間知らずの克服方法★その2.人間はある意味馬鹿だから、痛い目を見るしかない

 

人間はある意味馬鹿な生き物です。

生き物の中でも自ら命を絶つ生き物は、人間くらいではないでしょうか?

人間以外の他の生物は毎日を必死で生きているにもかかわらず、人間は他の動物に脅えることなく生涯を迎えれるというのにも関わらず、自ら命を絶ってしまうのです。

 

そう考えると人間はある意味馬鹿です。

そんな人間だからこそ、苦い体験を自分の体で感じることが大事なのです。

 

例えば、多額の借金をした経験のある人は、その経験を活かしてローンを組まない傾向にあります。

交通事故を起こした人も、その後の運転がかなり慎重になるという傾向もあるのです。

これらはみな、痛い目にあった人達だからこその克服法なのです。

 

つまり、世間知らずな人も同じです。

たくさんのミスをして、自らの体で感じるしかないのです。

言葉でいわれても人間は理解できません。

人間が本当に理解できる時とは、自らの体で感じた時なのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP