別れた方がいいのか?悩めるカップルの方に。

別れたほうがよいか、うまくいく可能性があるかのボーダーライン

恋人の中には、愛情飢餓のために相手を支配してつなぎとめておこうとする人間がいる。

その支配の方法として以下の様な事が上げられる。

 

①おどし戦法

②依存性・甘え・弱さ丸出しの泣き落とし戦法

③障感をかき立てる非難戦法

④嫉妬心刺激戦法

を使うことがある。

スポンサードリンク

これに巻き込まれてしまうと、愛という美名のもとに自分の人生を棒にふってしまうことがある。

したがって、まず自分たち二人の人間関係はノーマルかどうかを検討することが必要である。

ノーマルとはギブアンドテイクが大体においてバランスがとれているか、どちらか一方が犠牲や奉仕を強いられていることはないか、を考えることである。

これをもう少し具体的にチェックポイントとして上げてみましょう。

 

①自分は相手に好かれているという感じがしているか

②自分は相手に好きだという感情をもっているか

③自分は相手に大事にされているという感じがしているか(なめられている、軽くあしらわれている、厄介者扱いされているという感じはしないか)

④自分は相手を大事にしているか(軽蔑の目で見ていないか)

⑤自分は相手に信頼されている感じがするか(よそで悪口をいっている、いつ逃げ出すかわからない、適当にごまかしているなどと相手に疑われている感じはしないか)

⑥自分は相手を信頼しているか(居留守をつかっているのではないか、ほかの誰かにくら替えしているのではないかという講疑心はないか)

⑦デートして楽しいか

⑧体関係に満足感があるか

スポンサードリンク

⑨一緒に時間を費やした後で、もったいないことをしたと時聞を惜しむ気持ちになるか

⑩デートしているときに劣等感をもつことがあるか(例一学歴、身長、容貌、教養、生い立ち、収入、地位、職業など)

⑪話は通じやすいか

⑫話は合うか(趣味、仕事などの共通の話題にこと欠かないか)

⑬「ひやかす」「けちをつける」「論評する」よりも「それはそうだ」「それでいい」「次回に少し工夫をすればいいじゃないか」といった支持的な言動をお互いにすることが多いか

⑭困っているとき(病気、失意)、具体的に何かしてもらったことがあるか、して返したことがあるか

⑮知識や技法を教えてもらったこと、教えてあげたことがあるか(英語を教わった、パソコ ンを教えてあげた、など)

以上のチェックポイントは一般的、最大公約数的なものであるから、人によってはこれ以外の項目が最重要かもしれない。

 

それを意識しておいてほしいです。

つまり、これらのポイントは譲るに譲れない線である。

この線が満たされない人間関係をいつまでもずるずると引きずることはない。

別れの決断が大事である。

 

ところが優柔不断な人がいる。

まわりの人間から「どうしてあんな人とつきあっているの?」「君はなぜ、なかなか目がさめないんだ。やはり恋愛は病気だなあ」「あの人とつきあって幸福なのか?幸せでないなら、何をぐずぐずしているのか」などといわれでも、別れようとしない。

つまり、恋愛において気をつけなければいけないことはこの3つだ。

 

・2人だけの世界があり、周りが見えなくなっている(周りが見えている人達の言葉を耳にしてみる)

・愛はあるかわからないが、情が残り、それだけで付き合っている

・だらだらといった末に、結婚したのはいいが、結局離婚

 

上記の3つのことは恋愛において、特に気をつけたいことです。

なぜなら、これを理由にだらだらと恋愛を続け、後で公開したという人が、後を絶たないからです。

 

関連記事

→別れるカップルの4つの特徴は会話にあるのか?

→今の彼氏と別れるべきか迷った時の決断方法

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP