理不尽な人との付き合い方

人は基本的に、理不尽なことは大っ嫌いです。

理不尽な上司や、理不尽な物の言い方をする人など。

今回は、そんな理不尽な人に関して。

理不尽な人との付き合い方についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

☆まずはチェック!あなたは大丈夫?理不尽な人がしがちなこんな行動

 

以前の記事でもご紹介しましたが、人にはいろいろな面があります。

あるときは勇敢であり、あるときは臆病である。

そのどちらかで語れるほど簡単ではない場合が多い。

 

ある人の意外な行動を見てびっくりするということは、自分がその人の一面しか見ていなかった、視野の狭い人間であったことを証明しているのかもしれません。

長年付き合っていても、友人の意外な一面を発見することはあるものです。

 

気が強いのが「本当」で気の弱いのが「ふり」だとか、以前は「臆病」だったけれど、「勇敢」に大変身したというとらえ方は、狭く一面的な考え方です。

「あれもあるが、これもある」というふうに、イメージをつけ加えていけばよいのではないでしょうか?

 

大事なことは、あまりイメージを決め過ぎず、ゆるやかにいろいろな面を認めて受け入れる態勢のある人は、一緒にいて居心地がいい。

その人がそばにいると安心して、いろいろな自分を伸び伸びと出せるのです。

スポンサードリンク

また、一時期ですが、「本当の自分探し」が流行っていた時期がありました。

「本当の自分」などというものについて考えるのは、昔は精神科医とか文学者とか、一部の人に限られていたと思うのですが、最近はそうでもないみたいです。

それだけ多くの人が、どこかにもう少し本当の自分があるのではないかと、うすうす感じているのでしょう。

 

こうして、本人が苦労して「本当の自分」を模索しているというのに、一回会ったくらいの人が簡単に決めてくれたのでは、たまったものではありません。

 

ほめるのはいい、たわいのないことでもいい、気をつけなければならないのは、本人にとって耳の痛いことです。

長年つきあっている友人なら、「おまえには、こういうところがあるな」と少々耳の痛いことを言われでも、耳を傾けざるをえない。

しかし、つきあって問もない相手に言われたら、「おまえに何がわかる!」と怒りたくもなるでしょう。

 

人に「本当の自分」を決めつけられるほど不快なことはありません。

「自分というもの」は、人に決めつけられるほど安っぽいものではないからなのです。

 

 

そんな理不尽な人との上手な付き合い方って?

 

まず初めに言っておきますが、理不尽なことをされる人の特徴に、『相手になめられている』といった特徴があります。

あなたは理不尽と感じる相手に対し、どこかなめられてはいないでしょうか?

そんな理不尽な相手に対しては、こうやって上手に付き合っていきましょう。

 

理不尽な人が上司や立場が上の人だった場合

上司や立場が上の人だった場合は、距離感を保つことが重要です。

また、一番大事になってくることは、あなたがぺこぺこしないことです。

堂々と話を聞いて、堂々と働きましょう。

ぺこぺこと頭を下げるような人では、余計になめられますよ。

→口うるさい人の特徴と心理

 

理不尽な人が友達だった場合

理不尽な人が友達だった場合は、強めに注意しましょう。

この注意するタイミングですが、相手が何かミスを犯した時に、言うのがいいタイミングです。

例えば、お金を貸しているのに、連絡の一つすらしてこない。

こんな時には、連絡をしてこいという連絡一緒に、理不尽に感じる理由や気をつけろという内容を、しっかりと相手にぶつけましょう。

→友達との付き合いで気をつけること

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP