口うるさい人の特徴と心理

口うるさい人というのは、一緒にいる期間が長ければ長いほど、その口うるささゆえに、うっとおしく思われる回数が増えるようです。

今回は、そんな口うるさい人に関して。

口うるさい人の特徴と心理について、詳しくご紹介することにしましょう。 

スポンサードリンク

口うるさい人の特徴|将来あなたが、口うるさいババァやジジィと思われる可能性はない?

 

口うるさい人の特徴を今からご紹介しますが、当てはまっている数に注目してみてください。

当てはまっている回数が、多ければ多いほど、あなたが気づいていないだけで、実は口うるさい人の素質を持っているのかが分かります。

では早速、本題に参りましょう。

 

①自分がして欲しいことに対しては、しつこく何度も言ってしまう

②少しのミスを見つけては、注意してしまう

③真面目すぎる性格

④過剰な綺麗好きor潔癖症

⑤自分の価値観を押し付けてしまう人

⑥すぐに愚痴を他人に言ってしまう人

⑦説教じみた事ばかりいう人

⑧揚げ足を取る事が得意

スポンサードリンク

どうでしょうか?

あなたは、いくつの項目に当てはまっていましたか?

口うるさい人というのは、いずれかは嫌われる事が多く、周りからあまりいい評価をされません。

 

もし、当てはまっている項目が半分以上あったのであれば、意識して改善していきましょう。

特に女性は、嫁姑問題になりうる、一番の原因なのです。

→嫁姑が仲良しで居続けて不仲にならないコツ

 

 

「せっかくあなたのために」は、本当にあなたのためか?|口うるさい人の心理は優しさから

 

口がむずむずして、どうしても言いたくなってしまうひと言。

その中に、「せっかくあなたのために言っているのに…」という言葉があります。

このセリフを言う人は、人のためになることをたくさん知っていて、人生経験も豊富で、心の底から人に幸せになってほしいと願っている人です。

 

「こうすればもっといいのに」

「こうすれば、この人の悩みも解決するのに」

「なぜこうしないのかしら」と、悩める人にグッドアドバイスをするのですが、なぜか相手はその通りにしない。

 

そして、その通りにできない理由をいろいろ考え出す。

「でも、××だから…」といって、アドバイスを聞き入れない。

せっかく、その人のためを思って言ってあげているのに、感謝しないばかりか、グッドアドバイスにケチをつけるのである。

 

これは許せない。

冒頭のひと言を言いたくなってしまう気持ちも分からないことはないです。

しかし、もしもあなたがこう言われたら、どう思うでしょうか?

 

「××さんは、せっかくいいことを言ってくれるんだけど、言い方が悪いんですよね。もっとこういう言い方をすればいいのに」

「それじゃ、素直に聞く気になれませんよ。××さん、もっとこういう具合に話したらどうですか?」

 

ほっといてくれ、と言いたくなってきたあなたに、相手はこう言う。

「せっかく××さんのためを思って言ってるのに…」

 

「人のためを思う」のは、うむを言わさずよいことのように思われがちですが、はたして本当にそうなのかどうか。

本当に人のためを思っているなら、相手が聞き入れないときに、「どうも私の浅はかな考えでは役に立たなかったらしい。余計なおせっかいだったかも しれませんね」と引き下がるくらいの「思いやり」が欲しいものです。

自分のアドバイスに感謝し、褒めたたえてもらいたいのでは、「あなたのため」ではなく「自分のため」なのではないでしょうか?

→頼りになる人になるためには?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP