今の彼氏と別れるべきか迷った時の決断方法

別れるのが後ろめたい時

別れる時に、別れるのはうしろめたい気がすることがある。

どんなに忙しいときでも私のために時間をさいてくれた。

デート代はほとんど彼がもってくれたし、誕生日には高価なアクセ サリーを、クリスマスには賀沢なディナーをプレゼントしてくれた。

帰宅が夜遅くなると、 いつもタクシーで送ってくれた。

私の愚痴を辛抱強く聞いてくれた。

彼のご両親にもよくしていただいた。

スポンサードリンク

彼が尽くしてくれたさまざまなことを思い出して、別れることが彼の誠意のすべてを踏みにじるようで、それではあまりに自分勝手ではないかと、自責の念にかられる。

また、別れた後の相手がかわいそうで、別れるに別れられないこともある。

 

特に自分から一方的に別れたいと思う場合、彼にとって「別れましょう」宣言は青天の震躍のようなものである。

「ひょっとしたら、自殺してしまいたくなるほどのショックを与えるかもしれない」と思うと、ひるむこともある。

しかし、男女のつきあいはお互いに責任は五分五分である。

 

相手に去られて落ち込むのがいやなら、初めから恋愛しなければよいのである。

自らが「この相手と恋愛関係を築く」ことを決意し、デートに誘うなどしたのだから、その結果は甘受する覚悟が必要である。

それに、今回は自分がふられたとしても、いつか自分がふるほうになることも充分にありうる。

恋愛が別れというかたちで帰結する可能性は、覚悟しておかなげればならないことである。

 

人間関係の多くは永遠ではない。

必ず別れのときがある。

しかも、哀惜の情にあふれた別ればかりではない。

スポンサードリンク

うらみや失望がともなうこともあれば、無感情に別れを受け入れることもある。

別れがないにこしたことはないが、やむをえない場合も多いのである。

愛しあっている二人に、なぜ別れが訪れるのか。

それは、お互いに、あるいはどちらか一方が、その恋愛関係によって自分の人生を奪われたときである。

自由を奪われたときである。

 

恋愛は慈善事業ではないので、自分が相手に利用されているだけ、自分は相手に奉仕するだけ、という関係はやがて不幸感を生むことになる。

お互いに成長するのが本当の恋愛である。

ギブアンドテイクの人間関係を通して成長するから、恋愛に意味がある。

これがギブアンドテイク、ギブアンドテイクだけの関係になると、なんのためのつきあいかわからなくなる。

 

 

あなたが別れて後悔をしないために

 

別れて後悔をしないために、こんな調査をしてみた。

それは「今での恋愛で、別れて後悔してことはありますか?」という質問です。

もちろん、別れてなので、自分から振ってという意味です。

その調査の結果ですが、面白いことに、このような結果が出たのです。

 

【100人に聞いた結果】

・はい 5人

・いいえ 95人

 

なんと、9割以上が後悔していないというのです。

確かに、よく考えていればそうではないでしょうか?

例えば、あなたもこういった経験はあるのではないでしょうか?

 

・別れてみて、数ヶ月経つと「なんで付き合ってたんだろう?」or「よく見ると別にかっこ良くない」

・今思うと、別れて別の道を選んだ今のほうが、楽しいし良かった

・別れてみたけど、同じような人間はいくらでもいる

・むしろ、なんで惚れていたのかが分からない

 

上記のような経験ってありませんか?

これって実は、男女が共通して思うことなのです。

恋愛において、男女が共通することはとてもまれです。

相手に情があるとか、好きかもしれないとか、あなたなりの言い分はあるでしょう。

しかし、世の中に腐るほど愛に植えている男はいます。

本当です。

アプリで、チャットや◯◯メッセージとかをしてみてください。

異性と絡みたい人間は、この世に溢れているのですから。

 

関連記事

→結婚してくれない彼氏とは別れるべき?タイミングは?

→彼氏が愛情表現しないのに遊びの可能性は?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP