聞き上手になるには?

聞き上手は男女問わずに人から好かれるといいます。

そんな聞き上手な人になるにはどうすればいいのでしょうか?

今回は、そんな疑問をお持ちの方に。

特徴や聞き上手になるコツなどを詳しくご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

人から相談されたときの2つの心得とは?

 

人からよく相談を持ちかけられる人というのは、どういう人でしょうか?

ここで少しだけ、よく皆さんが勘違いしている、相談を持ちかけられる人の特徴をご紹介しておきましょう。

 

・経験の豊富な人

・客観的な判断力がある人

・冷静な分析力に優れている人

などの点を思い浮かべる人が多いかもしれない。

 

しかし、現実にあなたがよく相談している人、相談したいと思わせる人というのは、そんな立派な人だろうか?

「悩みを打ち明けてもよい」

「アドバイスしてほしい」

実は、そう思わせる人には、以下の二つの共通点があるのです。

 

一つは、秘密を守れる人です。

これは、口が固い人、と言い換えてもいい。

プライベートを打ち明けるのだから、人にべらべらとしゃべられたのではたまりません。

やはり、話の内容を自分ひとりの胸の内に秘めておいてくれるだろう。

そう信じられるだけの人でないと、おちおち相談もできないでしょう。

スポンサードリンク

もう一つは、勇気づける言葉をいってくれる人です。

「悩んでいることがあるから誰かに相談にのってほしい」という状況は、すでにひとりでどうしようか考え抜いたあげくのこと。

自分なりに「こうすればいいのではないか」とか、「こうしたほうがいい」という結論は出ているのだが、今一つ決心がつかない。

それをやり遂げる自信がない、というときである。

 

そんなときには、自分の背中を後ろから押してほしいのが人間です。

「それで大丈夫」とか、「きっとできるよ」という言葉をかけてもらうことで、決心をつけたいものです。

人に相談するときには、そんな勇気づけてくれる言葉を求めている場合が多いのです。

 

また、「それはやめたほうがいい」や「もうちょっとよく考えたほうがいいんじゃないの?」

などの、当たり障りのない意見をいいそうな人よりも、「頑張ればなんとかなるよ。」といってくれそうな人を、人間は知らず知らずのうちに選んでいるのではないでしょうか?

多少難しく思えることでも応援してくれそうな人を求めているのではないでしょうか?

 

もっというなら、この「秘密を守れる人」と「勇気づけてくれる人」は、人と人とがもっとも信頼し合える要因でもあろう。

「相談する」「相談される」というのは、ただの世間話をするのとは違う。

とても強い関係の証しであることも自覚しておくことが大事です。

 

 

人を勇気づける人は、人から求められる人

 

人を勇気づける言葉、励ます言葉をいってくれる人とは、一緒にいて楽しいと答える人が多い事をご存知でしょうか?

これは、やる気がわいてきて、展望が見えてくるからなのです。

 

「あなたなら、絶対にできるよ」

「そう思うのなら、がんばりましょう」

「うまくいくように祈っています」

このような何気ない一言で、気持ちが盛り上がってくるものです。

 

ある若い女性が、「私は頑張れ。という言葉が好きじゃないんですよ」といい、「頑張って」といわれると、「それじゃあ、今の私は頑張ってないの?」と言い返したくなるそうです。

「頑張って」ということ自体が押しつけているみたいで、自分も人にいいたくないというのです。

 

確かに、「頑張って」というのは、相手に励ましの意を伝えるもので、「あなたの好きなようにおやりなさい、応援しているから」というような、ある種の「軽さ」「リラックス」「明るさ」などにも通ずるものだが、人によっては、押しつけられるような感じを持つときもあるようです。

実際、入院中の患者さんですでに十分に「頑張っている人」や、「うつ病」で治療中の人には言わない方が良さそうです。

 

「これ以上、なにをどう頑張れというのか。無責任なことをいわないでくれ」と腹立たしく受けとめる人もいる。

それが、大きな負担になり、ますます悪化するケースもある。

また、親がわが子に「頑張れ」と言いすぎれば、子どもの心に大きなゆがみが生ずることもあるから要注意です。

 

人を励ます言葉というのは、どの国のものも美しい。

人を励ますことによって、自分も力が湧いてくる。

そんな言葉使いを心がけたいものです。

 

また、聞き上手と思われるには、思いやりがある人と相手に感じてもらう必要もあります。

以前にご紹介した、「優しいけど思いやりがないと言われる人の特徴」を知ることで、より聞き上手のプロへと変貌できることは間違いありません。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP