余裕のある男になるには特徴を知ること

常に余裕がある男に女性は惹かれます。

これは、貧乏臭くないや支えてくれそうなど、女性が憧れる男性像を想像させるからなのです。

今回は、そんな余裕のある男になりたい男性へ。

特徴を知り、しっかりと実践することで、あなたは余裕のある男になれるはずなのです。

スポンサードリンク

実は冗談がいる人が、いざという時に頼りになる!

 

アメリカでは、どんなに論理的で弁がたつ政治家でも、そこにユーモアのセンスが見えなければ、大統領にはなれないといわれる。

これはなぜだろうか。

男女の関係においても、ユーモアのセンスが合うかどうかは、恋愛においてはもちろん、結婚生活においても重要なポイントだろう。

なぜだろうか。

 

日本でも、冗談を言えるセンスは必要だ。

冗談を言える人は老若男女にかかわらず人気があるし、人との関係も豊かになる。

なぜだろうか。

 

実は、ユーモアのセンスのある人は、

・楽観性があり、心が安定している

・人と楽しむことに喜びを感じている

・人へのサービス精神がある

・身体も健康でエネルギーがある

・知識が豊富で、知恵もある

・その場の空気が読める

・「人というもの」に深い理解がある

・「一緒に」「お互いに」の気持ちが強い

という特徴があるのです。

スポンサードリンク

日々の生活では、ユーモアの気持ちを大切にしましょう。

ユーモアの気持ちとは、心のゆとりである。

心にゆとりがあれば、場の空気もやわらぐ。

 

逆にいえば、相手がこちらに対してユーモアを発揮してくれるということは、こちらの「ユーモアの気持ち」が伝わっているからであり、こちらの「心のゆとり」も伝わっているからではないか。

そう考えると、会話のなかでどれだけのユーモアが発せられるかは、両者にとって、とても大切なことになってくるわけだ。

 

人は知らず知らずのうちに、心にゆとりのある人を大統領に選び、心にゆとりのある人を伴侶に選び、心にゆとりのある人に魅力を感じ…

と、ユーモアをその人の心のゆとりのバロメーターにしているのではないでしょうか?

 

 

人への「優しい目」が、「ユーモア」となって現れる

 

人の悪口をいうことがユーモアだと信じている人もいるようだが、これはよくない。

以前にご紹介した、漫才師や漫談家のところでも書いたとおり、「プロ」としての配慮と技術が必要なのであるから、生半可な人は要注意だ。

無邪気にやっていると、それがおもしろいと思っているのは自分ひとりで、周りの人は不愉快になっているということにもなりかねない。

 

確かに、人の悪口や失敗は笑いのネタになりやすいものだが、万人に通じるものではない。

安心して腹の底から笑えるというものでなければ、本当のユーモアセンスとはいえないのです。

後は、自慢話をからめたジョークを連発する人もいただけません。

よくよくオチを聞いてみると、結局は自慢話だった…

というのでは、相手もシラケるだろう。

 

ユーモアは、優しさの上に成り立つものです。

人を傷つけず、自分を偉ぶらずが大事なのです。

人のことをネタにすると角が立つが、自分のことをネタにするぶんには、誰も文句はいうまい。

サービス精神で、人を「笑わせる」のではなく、「笑っていただく」くらいの心構えがベストです。

 

ここでいい例になる、わが友人の得意なネタを一つ。

彼は肉つきのよい体型。

つまりは太っているなのだが、「食事はまだですか?」「お腹は空いていませんか?」という意味で、「お腹は?」とたずねられたときには、いつも、
「ええ、見てのとおり出ています」 といいます。

 

彼は、今までこのジョークがウケなかったことはないと、得意気に胸ならぬ大きな腹を張ってみせる。

これなら、周りの人も安心して笑えるだろう。

 

人の悪口は平気でいうが、自分についてはカッコいいことしかいわない人には、ユーモアのセンスは感じられないのです。

これは心理的にいえば、心にゆとりがないからであって、そのぶん人の悪口をいい、自分をカッコよく見せようとするわけなのです。

「自分をよく見せよう」という気持ちがあるかぎり、ユーモアのセンスは育たないようですね。

 

・自分の失敗やカッコ悪い話も、楽しく人に語れる人

・ジョークのネタにされても、にこにこと笑っていられる人

こういう人は、すでに熟練の域に達している人であり、よほどつきあいやすい人です。

 

気持ちのゆとりというか、心の広さも感じられて、人間的にも尊敬できる人なのです。

こういう人の周りには、知らず知らずのうちに人が集まってくるものなのです。

また、過去にご紹介した「優しいけど思いやりがないと言われる人の特徴」を知ることで、あなたはより良い男になれるはずなのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP