価値観が合わない結婚をした夫婦へ

はっきりいって、価値観の違いがこれだけ大事だとは…

夫婦になるまで分かりませんでした。

価値観が合わない夫婦というのは、そのうち似た者夫婦になっていくのでしょうか?

そんな疑問があるあなたに。

今からあなたが知らない、驚くような情報をお届けしたいと思います。

スポンサードリンク

価値観の違いは、いつか似たもの夫婦へと変貌させるのか?

 

価値観とは「倫理観」といってもよいかもしれません。

何を「よいこと、正しいこと、美しいこと」と感じ、何を「悪いこと、間違ったこ と、醜いこと」と感じるかです。

要は、自分はどうありたいのかです。

平気で海にごみを捨てる人間になりたいのか。

そういう人間ではありたくないのではないのか。

 

旦那が野球が好きで、妻は映画が好きでも、どちらがよいとか悪いとかの問題ではないです。

単なる好みの違いなのです。

しかし、価値観は、一方にとって「許せない」と感じる事柄が含まれているのです。

そして価値観とは、そう簡単には変わらないという特徴があります。

そんな価値観を変える方法はあるのでしょうか?

 

価値観を変える唯一の方法は、自分を変えることです。

これは、今までの自分を否定することでもあります。

そして、自分を変えるのは難しい。

人間というのは、かなり大きなきっかけがなければ変わらないものです。

スポンサードリンク

過去にこんな調査がありました。

熟練夫婦100人に対して、「夫婦生活をして、あなたは価値観が変わりましたか?」という質問です。

これに対して、あまり変わっていないと答えた人が、実に7割に達したそうです。

つまりここから言えることは、価値観の違うカップルは、ずっと違うままと予想されるわけです。

長年付き合っているうちに「似た者夫婦」 になってくる、という事は期待できないということです。

 

しかし、価値観にも 「人それぞれ」でよいのではないかと思う価値観と、多くの人が好ましいと感じる価値観とがあるのです。

例えば、「男は仕事、女は家庭」という価値観は、人それぞれです。

サラリーマンという職業が一般的でなかった頃は、女性も一緒に家業を手伝うのが当たり前だったし、今もそういう家も多いです。

 

しかし、どうせ世の中、努力より運だよと、全く努力もしないで運がめぐってくるのを待っているだけの人を「りっぱな人だなあ」と感心する人はあまりいないのではないのでしょうか。

やはり多くの人は、努力することを「よいこと、美しいこと」と感じているのです。

実際に実行できるかどうかはともかくです。

 

多くの人が「努力は大切なことだ」と感じ、努力する人を「すばらしい人だ」と感じる努力を「価値あること」と認めているのです。

こうした価値観を身につけている人は、 多くの人から大切にされるのです。

この価値観から顔をそむけ、いつまでたっても「はみ出し者気取り」でいるような人は、あまり大切にされないのです。

 

 

価値観が合う夫婦が必ずしも幸せなのか?

 

では、価値観が合わないと悩むあなたに質問です。

価値観が合う夫婦というのは、必ずしも幸せなのでしょうか?

答えはノーです。

価値観が合う夫婦は、理解し合えることも多いでしょうが、全てを理解できるわけが無いですよね。

 

ここで私が伝えたいこととは、価値観が合わないからといって、不幸とは思わないでください。

価値観が合わない夫婦なんて、世界中に存在します。

ですが、どの家庭もそれぞれ幸せのかたちという物が存在するのです。

 

人生は一度きりなので、価値観の違う夫婦で楽しく過ごしてやろう。

そんな気持ちで毎日を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

きっと価値観が違うからといって、くよくよしている人生なんかより、よっぽど魅力的で楽しいですよ。

 

価値観が合えば幸せな結婚生活だった。

そんな風に思うのであれば、「幸せな結婚と不幸な結婚の条件は価値観なのか?」こちらを参考にしてみてください。

きっとあなたの答えがそこにあるはずです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP