彼女が元気ない時の心配の仕方

彼女の電気がありません…

どうすれば、彼女を元気にしてあげれるでしょうか?

 

人が悩んでいる時や元気が無い時の対応というのは、意外と難しいものですよね。

一歩間違えれば、嫌われ者になる事だってあり得るのです。

そんなあなたが、元気のない彼女へすべき心配の仕方。

ここに関してご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「これでもか!」と、自分の不幸自慢をする困り者

 

楽しく過ごしている人のそばにいるのは、気持ちがいいですね。

しかめっ面をして、いつもピリピリ怒っている人のそばにいるより、ずっといいです。

何をいっても悪いほうへ考え、暗いイメージを持っている人のそばにいるより、気持ちが楽です。

楽しく幸せに毎日を過ごしている人は、人から大切にされるているはずなのです。

 

しかし、無理やりに楽しそうにしている人は、ちょっと困り者です。

また、楽しそうにすることを他人に強いる人は、おおいに困るのです。

 

今からご紹介する友人の話ですが、彼はこんなダメな一面があります。

その知り合いの男性は、誰かが憂欝な顔をしていると、急にご機嫌ななめになるのです。

 

「なぜキミは、そんな憂鬱な顔をするのだ。自分がこの世で一番不幸だとでも思っているのか?」

「いや、昨日ちょっと家族とケンカしてね」

「そのくらい何だってっんだ!オレなんか親はとっくに死んだ。家族なんかひとりもいない。それでも明るく生きているんだ。ほら、キミももっと楽しそうな顔をしろよ!」

スポンサードリンク

そういわれても、ちっとも楽しい気分にはなれないのです。

なんだか「これでもか」彼の不幸を宣伝されているような気がする人も多くいるでしょう。

彼の言い方を違う角度で見ると、「このオレ様より小さな不幸のおまえが、憂欝な顔をするのは許さん!」というわけなのです。

 

確かに、家族とのケンカくらいで、憂欝な顔をする事はありません。

ですが、少し冷静に鳴って考えてみてください。

言われた方も、ちょっと憂鬱にしていただけで「この世で一番不幸だと思っているのか?」と挑発されても困るのです。

この世で一番か三番か十番か知らないが、憂欝な気分になることくらいはあるはず。

憂欝なときは、静かに憂鬱にさせておいてあげるのです。

 

人の憂惨な気分をあまり邪魔しないことが大事です。

楽しい気分にしてあげようとするのはいいが、「さあ笑え、ほら笑え」と強要されても、決して気分は晴れないのです。

だいたい、人というのは、そんな単純なものではないことは、ご自分が一番よくわかっていますよね?

 

 

彼女の元気が無い時の上手な対処法

 

さて、先ほどご紹介した内容をしっかりと読んでくれたあなたは、強要してはいけないということが分かりましたね?

では次に、彼女の元気がない時にどうすればいいのかについて、ご紹介しましょう。

 

1.とにかく話を聞いてあげること

あなたが今すべきことは、とにかく話を聞いてあげることです。

ここで大事なのは、絶対に口出しをしないこと。

だた聞いてあげればいいのです。

人間は、聞いてもらうだけで、心がほっとしたりするものですから。

 

2.共感してあげることが大事

話を聞くという事をご紹介しましたが、共感してあげることも大事です。

共感できなくても、共感しているふりをする。

これも、立派な優しさというやつなのです。

 

3.頭をポンポンとして、ギュッと抱きしめる

女性は男性に守られたいという心理があります。

つまり、弱っている今こそ、あなたが守ってあげなければいけません。

守るとは、男らしさを見せること。

つまり、ギュッと抱きしめて、安心感を与えることです。

 

関連記事

→彼女を大事にする男になりたい人へ

→彼女に嫉妬しない方法

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP