恋愛は相手に見返りを求めない事が大事な理由

恋愛だけでなく、人間関係でもそうですが、相手に見返りを求めない。

相手に見返りを求めていては、幸せになれないと昔から言われているのです。

ですが、なぜ相手に見返りを求めてはいけないのか?

本当の理由をあなたは知っているのでしょうか?

鶴や亀にもできる「恩返し」なぜ人はできないのか?

 

昔話には、ある動物を助けてやって、恩返しをされるというストーリーが多いです。

ワナにかかっていた鶴を助けたら、女性に姿を変えてやってきて、織物を織ってくれた話というのは有名ですよね。

海辺で子供にいじめられていた亀を助けたら、竜宮城につれていってくれた話。

 

これは、人間に悪さをするようなものも、助けてやれば恩を感じるものです。

たとえば、畑のキュウリを盗ったり、子供を水に引きこむカッパをつかまえて、「もう悪さをしません」というので逃がしてやると、毎晩、魚をお礼に持ってきた、という話もあります。

やはり、親切にすれば感謝され大切にされるのは、昔から世の常というものなでしょう。

 

「いや、そんなことはない。」

「世の中には恩知らずが多すぎる。」

「私はさんざん親切にしてやったのに、ちっとも感謝されないばかりか、恩を仇で返されるようなことばかりだ!」

という人がいるかもしれません。

いや、確かにそうだろう。

鶴も亀もカッパだって、恩返しなどしないのが普通なのです。

周囲が恩知らずでも、あまり腹を立てる事はムダというやつです。

そういう人は、鶴か亀かカッパだと思っておけばいいのです。

 

しかし私は、それでもやはり、人には親切に接するに越したことはないと思うのです。

人に意地悪ばかりしていれば、一生恩返しされることもないのです。

親切に接していれば、 九十九人は恩知らずでも、一人くらいは恩返しをしてくれる人がいるかもしれません。

 

後は、こんな考え方をしている人も、困ったものです。

「いつかこの恩が返ってくるだろう」と期待しながら人に親切にするのおかしいものです。

あなたも、道端で会って道を教えてあげた人からのなどと、恩返しを期待しない事です。

 

 

「恩知らずが多すぎる!」そう言うあなたも「恩知らず」!?

 

人間というのは面白いもので、関係が続く相手には、いつのまにか恩返しを期待する気持ちが出てきます。

ここが、人と人との関係が微妙に難しいところなのです。

あなたもこんな事を思ったことがありませんか?

 

「こんなにしてやってるのに」

「いつも私ばかりサービスして、あの人は何もしてくれない」

「もっと大切にしてもらってもいいのではないか」

などなど…

 

先ほどお話した、鶴の恩返しで考えてみましょう。

ワナにかかっていた鶴を助けてやったときには、男は恩返しなど期待していなかったのです。

突然、自分の前に現れて、美しい織物を織ってくれた女には、感謝感激雨あられなのです。

 

ところが、ここからが人間の面白いところ。

人間というのは、「もうちょっと織ってくれないかな」

なんて思い始めるのです。

「もうこれ以上はできません」といわれると、「なんでだよ!けち」などと思ってしまうのです。

 

それというのも、人にしてもらうことというのは、あっという間です。

自分は何も手をかけていないのだから、魔法のようにできあがる。

こんな簡単なことなら、もう一枚くらい織ってくれでもいいじゃないかと思うのです。

しかし鶴の方は、魔法でもなんでもなくて、わが身をけずっているのです。

 

一方、自分の苦労は、よくわかるはずです。

ひとつの苦労が十倍くらいに思えるのですが、相手の苦労はだいぶディスカウントするのです。

十の苦労も一くらいにしか見えない。

これが、影の努力というやつですね。

 

そこで、「私の労力十に対して、お返しは 一しかない。全くあいつは恩知らずだ」

なんて思ったりしますが、実は、相手の苦労こそ十で、自分の方が一、ということもあり得るのです。

「思知らずが多い」と呟いているあなたは、自分の方がわがままではないか?

そうやって、疑ってみる必要があるかもしれないのです。

 

といっても、「あなたももっと身を削れ」というのではない。

削りたくなければ、削らなくともよいのです。

ただ、他人も同じで、身を削りたくないかもしれないことは忘れてはいけません。

 

関連記事

→お似合いカップルの特徴とは顔なのか?

→彼氏と話題がない時にネタ作りの裏ワザ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP