正義感が強い心理と嫌われるのはなぜ?

学校や職場で、必ず一人はいる「正義感が強い人」

この正義感が強い人は、イジメの対象に合うことも少なくありません。

ですから、世の中には正義感が強い人というのは、あまり多くありません。

 

今回は、そんな正義感が強い人の心理。

そして、正義感が強い人が気をつけないといけないこと。

ここをしっかりとご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

要注意!正義感が強い人はこのラインを知っておいて!

 

最近、電車の中で女性が絡まれていても周りは知らんぷり、という人が多いです。

これは、「関わりあいになりたくない」という風潮があるのです。

また、へたに関わると恐ろしい、というのもありますよね。

 

これと似た話で、ある学校で、 PTAの見回り班が作られていました。

放課後、繁華街などを見回り、生徒たちの行動を観察するためである。

そのとき、先生から親たちに注意があったのです。

 

「生徒が思いことをしているのを見かけても、危ないので注意しないでください」 というのである。

笑い話ではないのです。

へたに注意したら、暴力をふるわれて、身が危険だからということ。

どの生徒がどんな悪いことをしていたか、報告するにとどめよう、というのです。

スポンサードリンク

また、別のある男性は、公園で制服のままタバコを吸っている高校生たちを見かけて、注意したそうです。

「おい、おまえら、高校生だろう。タバコはやめろ!」

すると、「なんだと」と立ちあがった数人の高校生たちに固まれました。

みんな、自分より背が高く、上から見下ろしているのです。

それはとても恐ろしかったとか…

 

私が学生の頃も、みんな大人のマネをしてタバコを吸ったものです。

これは、いつの時代でも同じです。

しかし昔は、それを見つかって「こら!」と怒鳴られたら、「すいません!」と慌ててタバコの火を消すくらいの良識がありました。

 

悪いことをしてみたい年頃なのだが、悪いことは悪いことと知っていたのです。

「タバコを吸って何がワリイんだよおまえも吸ってるだろ」と開き直るようなことではなかった時代です。

 

もしも今、浦島太郎が生きていたら、どうだろうか。

子供たちに注立したら、反対に「なんだと!」とすごまれ、いっしょに殴られてしまったかもしれません。

たまたま通りかかっただけで、見ず知らずの亀を助けてやるのも命がけです。

こうなってくると、だいぶ勇気が必要です。

 

自分のことも大切にするのは当然なので、どんなときにも正義の味方になるのはお勧めできません。

自分にも、できることとできないことがある。

人を大切にするのも、なかなかたいへんなのである。

 

 

正義感が強い人の心理はここが凄い!

 

正義感が強い人というのは、どのような共通点があるか知っていますか?

まずは、正義感が強い人の共通点を上げてみましょう。

 

・性格が真っ直ぐで真面目

・礼儀正しい

・いつもどこか前向き

・友達や家庭を大事にする

 

このような共通点があります。

共通点を簡単にまとめてみますと、真面目な人ということですね。

 

正義感が強いと言われる人は、人が嫌がることや、人に迷惑がかかることを、心の底から嫌います。

これはなぜでしょう?

答えは、自分が真面目だからこそ、他人の事に関しても、真っ直ぐにぶつかっていけるのです。

 

人に嫌われることもありますし、馬鹿にされることも多い、正義感の強い人。

そんなリスクがあると分かっていても、我慢が出来ないのです。

これは、強い自分をもっている人だからこそ、できることなのです。

 

もし、自分が正義感の強いほうだと思うのであれば、それはあなたの長所です。

人に合わせるだけでは、人並みの人生しか送ることは出来ません。

例え、数人にはいいように思われなくても、そんなの気にしなくていいのです。

それ以上に、あなたが困ったときには、助けてくれる人がいるはずですから。

 

関連記事

→男性からの電話で脈ありかを確かめる恋愛の極意とは?

→わがままな男性心理と女性が気をつけること

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP