好かれる性格嫌われる性格の特徴

世の中には、好かれる性格と嫌われる性格に分かれます。

なぜ同じ人間なのに、これほど好かれる人と嫌われる人の性格に分かれるのでしょうか?

今回は、そんな疑問を奥深く追求してみることにしました。

すると意外や意外。

好かれると嫌われるの二手に分かれるのは、こんなふとした瞬間だったのです。 

スポンサードリンク

あなたの大切にされている度はここでわかる!!

 

家族でもいい、友人でもいい、恋人でもいいです。

大切にしている人がいて、その大切にしている様子を見るのは、気持ちのいいものであります。

これは、私の友人に実際起こった話です。

 

あるとき彼女は、会社の帰りに、駅で職場の先輩男性にばったり出会いました。

見ると、柄にもなく花束を抱えているのです。

「いったい誰にあげるのですか」 と聞くと、奥様が風邪で、家で寝ているのだというのです。

日頃、いつも残業残業であまり顔を見るヒマもない状態でした。

 

話を聞くと、今日くらいは早く帰って何か作ってやろうと思ったが、結局遅くなってしまったそうです。

「閉店まぎわの花屋の前を通りかかったので、ふと、買ってしまったんだよ」 と、汗をかき、話してくれたそうです。

ああ、この人は、大切にしている人がいるのだなあ。

そう感じると、その人自身にも好感を持ってしまったそうです。

スポンサードリンク

この反対に、周囲の人を邪険に扱っている人。

その様子を見るのは不愉快です。

年老いた親をバカにし、足元のおぼつかないことにいらいらし、「何やってるんだよ!」 と怒鳴りつけるのです。

街中でこんな光景を見かけると、気持ちが沈みます。

 

日本人は、なんでも謙遜するのが美徳という考えがあるので、自分の家族や夫のこともへりくだる習慣がある。

「夫や妻の愚痴を他人に愚痴る人なども、嫌な人と思われる可能性がグンと上がっているのです。」

しかし、これもニコニコしながら、温かみが感じられる表情なら、気持ちがよいです。

 

「全くあのバカ女がオレの顔を潰して一生の不覚だ」などと吐き出すようにいうのを聞いていると、「この人は、 家でもこんなふうに奥さんをバカにして、いじめているのではないか」 とイヤな気分になってくるのです。

実際に、こういう人は、異性からはモテませんよね。

異性がもっとも嫌がるタイプなのです。

 

また、人から好感を持たれる人の共通点としては、身近ではない初対面の人にも、好感を持たれる人なのです。

好かれる人とは、こういった事が自然にできているので、実に不思議ですよね。

 

 

好かれる人になるための3つの方法

 

好かれる人になるための方法は、たくさんの方法があります。

中でも、一番簡単で今すぐにでも出来る3つの方法をご紹介していこうと思います。

 

1.相手の気持ちになって考えてみる

相手の気持ちになって考えてみる事で、今相手はどうして欲しいのか?

相手の欲求が分かります。

その欲求に答えてあげて下さい。

例えば、恋人にふられた時は、必ず悲しい気持ちになります。

別れたとわかったのであれば、電話をしてあげる。

その一回の電話が、好かれる人になる鍵となるのです。

 

2.いつも笑顔を忘れないこと

笑顔が似合うタレントを思い浮かべてみてください。

例えば、ベッキーさんや、ローラさん。

こういったタレントは、必ず好感度が高いタレントとしてランクインしています。

あなたも同じように、笑顔で人に接する人になりましょう。

いつも笑顔なだけでも、好感度はグッと上がるのです。

 

3.どんなことを言われても、カッとせずに、「そうか」と受け止めること

最後は、冗談やイラッとすることを言われても、カッとした態度を見せないことです。

器の大きい人間には、必ず人は集まるのです。

イラッとしても我慢。

そして、「そうか」の一言で受け流しましょう。

 

関連記事

→好き嫌いが多い人は育ちが悪く思われるのでモテない!?

→気が利かない女の特徴はイライラさせる事なのか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP