異性から嫌われる女の特徴

なぜなのだろう?

いつもいつもそうなんだけど、私って異性の友だちから嫌われがち。

周りの友達は皆、異性の友達と仲良く出来ているのに…

 

これはなぜだと思いますか?

実は、あなたが異性から嫌われる理由は、そこまで難しいものではありません。

そこで今回は、異性から嫌われる女の特徴。

 

ここに関してご紹介していきましょう。

さて、あなたはこれに当てはまっていませんか?

スポンサードリンク

レッテル貼りをしないこと

異性の友だちをつくるために、普段から心がげておいたほうがよいことのひとつとして「レッテル貼りをしないこと」を挙げたい。

あの人はOO大学卒だから頭がいい、この人は母子家庭に育ったから性格が◯◯である。

といったような考え方をレッテル貼りという。

 

つまり一般化のし過ぎのことである。

一般化のし過ぎはなぜいけないのか。

人柄そのものが見えなくなるからである。

 

たとえば 「あの人は理系だから、頭がかたく、あそびも知らない」といった見方があるが、これも一般化のし過である。

理系の分野のことが得意だからといって、頭が柔軟に働かないわけではない。

コンピュータ関係の仕事をしていても、人づきあいに長けている人はいくらでもいるし、機械いじりが好きな一方で絵を描いたり映画を観たりという文系的趣味が多彩な人もまた多いものである。

スポンサードリンク

逆に文系の人間だからといって頭が柔軟なわけではなく、自分の主張をかたくなに曲げない人もいれば、社交下手な人もいる。

大切なのは、人を何々型といった具合に分類しないで、人柄そのものを味わい知ろうとすることである。

地図を見るより現地を見たほうが納得できるし、あてがはずれることはない。

 

同じように、あの人は内向型だとか、偏差値が高いなどと概念(地図)化しないで、本人自身(現地)を体験的に知るほうがたしかである。

 

 

計算高い人は嫌われる

 

この人と親しくなったら、賛沢な食事を楽しませてくれたり、高価なプレゼントをくれそうだとか、おしゃれでかっこいい人だから友だちに自慢できるといった損得計算でつきあうことを、「人を利用する」という。

これはダメな恋愛である。

恋愛は商取り引きではない。

 

損得を考えない純粋な子ども心に戻らないと、恋愛の対象は得られない。

そのためには、原則として自分のことは自分ですると覚悟を決めることである。

人の金や人の好意をあてにしないことである。

 

相手がお金を出してくれれば、それにこしたことはない。

しかし、最初からそれをあてにするような依存的な計算高い生き方では恋人どころか、友人もつくれない。

つまり恋愛は、純粋な人間関係である。

 

そこが結婚とは違う。

結婚は一種の共同経営者の選択である。

したがって、すべての恋愛が結婚に結びつくわけではないのはやむをえない。

 

 

会話がつまらない

 

会話がつまらない人というのは、典型的にモテない。

しかし、それをどうしろとか、こうしろとかいう必要はないと思っている。

会話が苦手なのであれば、ノリを良くすればいいのである。

 

例えば、相手がボケたようなことを言えば、笑って一言返す。

これだけでいいのです。

それが出来るだけで、あなたは面白い人やノリのいい人になります。

 

一緒にいて楽しい人は、男女問わずに人気者です。

もし、会話に自身がないのであれば、これを試してみてください。

相手の今後の反応も変わり、遊びによく誘われる人気者へと変わるはずです。

 

関連記事

→片思いに疲れた脈なしの時に諦める方法

→結婚してくれない彼氏とは別れるべき?タイミングは?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP