女性に貢がせる男性のテクニックと方法

女に惚れさせる男のワザの意外

「あんな男、どこがいいんだろう」

女性にモテて貢がれる男性のことを、周りの他の男性たちはジェラシーと妬みも含めて、そうけなすのです。

「顔だって大したことないし、背だって俺の方が高いぐらいだよ。まして女性に対する誠意とか愛情度でいえば、はるかに俺の方が勝っていると思えるぜ。おまけに金ナシ、宿ナシのやさぐれのスカンピンだ」

スポンサードリンク

確かにあなたのいう通り顔は大したことはない。

しかしながら大した顔ではないのだが、どこやらチャーミングで味がある。

特に笑い顔がいい、背丈、スタイルだって、そこのけで決まっているわけではない。

 

しかしながら、心底女性にモテるモテないの条件の中に、スタイル抜群などという条項はないに等しい。

それが証拠に結婚詐欺師などの、女性泣かせの遊び人に、スタイルがマネキンみたいな男性はほとんどいないではないか。

 

女性に対する誠意・愛情度の問題でいうなら、これは逆説のようだが、冷たいからいい、薄情だからチャーミングなのである。

男性が女性に惚れるのは簡単です。

だが女性と一線をひいて相手を惚れさせ自分が惚れないままでいるのは、男性としてかなり難しい技であるのです。

 

もっといえば、男性が惚れないでいるからこそ、女性に惚れてもらえる。

つまり相手が追いかけてくる距離をおいてやる親切ってやつです。

恋なんでものは追いかける方が苦しいけど、楽しい快楽であって、つまり相手をハンターにして自分を逃げる獲物にできうる「男性」とでもいいますか。

スポンサードリンク

それも、さんざん抱きまくって、飽きのきた女性に逃げてみせるのではない。

最初から狩人になりたいところを、ぐっと我慢してどうでもいいような演出ができる冷静さ。

おまけに金なし、宿なしのスカンピンということで説明をつければ、人生の軸がどっかで狂ってる男性。

 

ちゃんとしたマイホームがあって家庭円満、仕事も順調で上司の覚えもめでたく将来の展望も洋々としている…

とこういったタイプの男性に、女性は金銭感覚が狂わないし貢がない。

まあ、もっともそういうタイプは女性に貢いでもらう必要などない立場であるからして、「女性に金を貢がせる!とんでもない!」とさぞ憎々しげに貢がせ男性のことを馬鹿にするでしょう。

 

しかし、腹の底では羨ましいという思いもないではない。

しかし、自分自身の身の安全ばかりを推し量っている男性に「夢」や「ロマン」は求めない。

女性にとって常に恋は「政治」ではなくて、「革命」でありたいからである。

 

革命軍を助けるために、カンパや援助をしても、政治家のために政治献金や寄付など女性がするわけがない。

さて、こうして考えてみると貢ぐ女性も大変だが貢がせる男性にもそれ相当の覚悟と根性、勇気が要ることが分かります。

女性に貢がれる男性をただ羨む前に、自分がそれに相応しいかどうかを考えてみることです。

 

どんな商売にも、いろいろな犠牲と努力は必要なのである。

 

 

努力をしてみること

 

女性に貢がれたいと思うのであれば、まずは努力をしましょう。

例えば、自分を悲劇のヒロインに演じてみるのです。

悲劇のヒロインを演じると、何人かの女性は「大丈夫?」と声をかけてくれるでしょう。

 

そんな女性を一度ターゲットにしてみてはどうでしょうか?

もちろん、貢がれるということは、いいことばかりではありません。

地元で噂が回る事もあるし、ネットで暴露されることだってあります。

 

そんなリスクや犠牲をふまえて、しっかりと行動に移すことです。

中途半端な気持ちでは、必ず相手に気づかれて逃げられます。

やると決めたのであれば、やりきりましょう。

 

関連記事

→男同士ばかりで遊ぶつるむ人が気をつけること!

→本当にモテる男とはここで努力をする!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP