モテる女性の顔や見た目の条件とは?

男は女の顔より表情に魅かれる

顔は心の表情であり、顔はそれだけの命ではないのです。

ある整形医がとてもいいことをいってました。

「顔は変えられないかもしれないけど、顔つきは変えられる」と。

スポンサードリンク

顔は確かに生まれつきのもの。

しかし表情は存分にその人の心の持ち方で変えることができます。

マダム銀座などでも売れっ子、ナンバワンホステスとか、成功している女性というのは大して美人ではないけど、顔つきがいいのです。

 

一言でいうと笑顔が何ともいえず、人をホッと安らがせたり、ちょっとした言葉の受けとめ方に、相手を気づかう優しさが凄み出る。

逆にたいそうな美人なんだけど、顔の表情を動かしたことによって、嫌な顔つきになる人もいます。

と同時に顔の美しさにばかり頼っている人は、その分だけ人に嫌われるのです。

 

私は美人でしょ、みたいな自意識は不思議と相手にすぐ悟られてしまう。

内面を全く気にしないで、美しさだけで人を説得しようとするいやらしさ、せこさ、ずるさみたいなものが、知らず知らず顔の表情に表れてしまうのでしょうね。

多少可愛らしかった、目立つ美人だと男性もちょっと声もかけてみたくなるけど、それは出会い一瞬か、ほんの短い期間のこと。

スポンサードリンク

心から情が湧くと、付きあいは美醜をこえたものになるんじゃないかなと思います。

実際に、あなたも過去に付き合っていた彼とは、付き合っていることは、とってもイケメンだった。

だけと今見ると、「なんでこんな男と…」なんて経験ありますよね?

 

いうなればあなたのお母さんや姉、妹、身内の見た目が、さほど気にならないようなものでね。

とくに昔は、正統派の美人じゃなければ女じゃないみたいなところがあったけど、近頃の女優さんをみると、家の近所のお姉さんみたいな、身近で親しみがもてる存在の人に、人気が集まっているように見えます。

 

ユーモラスで個性的な人たち、美人とはいいがたいけど、とてもチャーミングな女性たち。

化粧も適当にしているけど、その人らしさが出ていて個性を生かし、人柄にお化粧しているという感じがします。

お化粧は、顔にするんじゃなくて、自分の人柄、個性をプラスさせて心にするということが大事なのでしょうね。

 

皮一枚をきれいに一生懸命塗るというのではなく、心にほんのり紅をさす、そうした気持ちですると、どんな他人にも好意を持たれるお化粧が仕上がる。

女性には恋をして人を好きになったりすると、自然に内面から溢れるような情感が出てきて、十分それだけでも美しいというような時期があります。

素顔だけでも美しく過せた時期を、厚化粧で被ってしまったという後悔は、大人になればなるほど出てくるものです。

 

若さの持つフレッシュなみずみずしさを消してまで化粧するというのは、マイナス以外のなにものでもないのです。

場所、時、相手、服装、時間。

この五つのバランスを考え、濃度、程度をつけてください。

 

若い女性のお化粧の基本は、あくまでほどほどと清潔感。

メーク・アップという言葉になっても、メーク・ダウンになってはならない。

 

もう一度繰り返しますと、メークすることによってあなたの欠点を隠すのではなく、あなたの若さ、あなたの良さに輝きを添える。

そういう文字通りのメーク・アップを心がけましょう。

 

もう一度言いますが、男性は生まれもっての顔よりも、今現在のあなたの表情を見ているのです。

あなたの周りに、ニコニコしている方はいませんか?

そのニコニコしている人の近くには、なぜか人が集まっていませんか?

 

必ず、表情のいい人は好かれます。

そして、男女問わずにモテるという共通点があるのです。

 

関連記事

→モテる女は性格が悪いと同性に言われる理由

→モテる女になる方法はオーラや言葉が大事

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP